なぜ歯周病と糖尿病は関係しているのか?合併症の恐怖とは。

歯周病と糖尿病はお互いに関係しています。

しかし、
一見するとまったく関係なさそうなこの2つの病気が
どうして関係しているのでしょうか?

また、
合併症の恐怖というのもあります。

今回は、
この歯周病と糖尿病について紹介していきたいと思います。

2つの病気がどのように関係しているのか?
どういった合併症があるのかなどを紹介します。

SPONSORED LINK

歯周病とは?

歯周病
歯周病というのは、
口の中で起きる炎症のことです。

どういった炎症かというと、
歯を支えている土台である「歯肉」が炎症を起こし、
最後は歯を抜かなければならなくなります。

これは歯と歯肉の間のポケットにゴミが入り、
溝が炎症を起こしてしまうことが原因です。

また、次の動画をご覧ください。

【歯周病のメカニズムと予防について】

歯周病についてのメカニズムと
予防する方法が紹介されていますが、
歯周病になってしまうと
口臭など様々な問題の原因にもなります。

 

糖尿病って?

糖尿病というのは、
身体の中の「糖のバランス」を保てなくなってしまう病気です。

身体の中で
糖について調整を行っているインスリン
正常に働かなくなってしまうことが原因ですが、

その結果、
細胞に糖が送られなくなってしまうために
身体中のエネルギーが足りなくなってしまいます。

この糖尿病ですが、
以下のようにいくつかに分かれています。

 ・1型糖尿病
 ・2型糖尿病
 ・妊娠糖尿病
 ・その他

糖尿病の患者の方のほとんどが「2型糖尿病」となっています。

この糖尿病は
生活習慣の乱れや、運動不足ということが原因であるために、
それらに気をつけることによって未然に防ぐことが出来ます。

 

歯周病と糖尿病の関係

歯周病と糖尿病は関係があります。

では、
どう関係しているのかというと、
歯周病は糖尿病の合併症の1つ
なのです。

つまり
糖尿病になると
歯周病になる可能性いうのが
非常に高いということになります。

さらに
歯周病になると
今度は糖尿病の症状が悪化するというデータもあるために
お互いに悪影響を及ぼす関係性であるということが言えます。

関連記事:歯周病と脳梗塞(のうこうそく)の関係は?

 

合併症はあるの?

合併症の恐怖
歯周病が糖尿病の合併症であることはすでに説明しましたが、
糖尿病には他にも以下のような合併症があります。

 ・脳梗塞
 ・脳卒中
 ・心筋梗塞
 ・網膜症

様々な症状が合併症としてあげられますが、
特に網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害は
3大合併症と呼ばれており、
糖尿病患者の方が発症することが多い合併症になっています。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)