蓄膿症 臭いが気になる!悪臭まわりに広がる?臭い分からない場合は

蓄膿症になってしまうと
悪臭を自ら感じることが多いのです。

また、
その悪臭というのは、
周りが感じることも多く

他の人から指摘されて、
初めて自分が蓄膿症だということに気がつく人もいます。

そういった蓄膿症ですが、
食べ物の臭いなどが分からなくなってしまうという症状もあります。

今回はこの蓄膿症について紹介していきたいと思います。
どうして悪臭が出てしまうのかなどを紹介していきます。

SPONSORED LINK

蓄膿症って?

蓄膿症 女性
蓄膿症というのは、
鼻の中に膿がたまってしまっている状態のことを指します。

炎症を起こすことによって
膿がたまってしまうということになるわけですが、

その原因は細菌などによるものと、
アレルギーによるものの2種類があります。

蓄膿症になってしまうと、
下のような症状が出ることが多いです。

 ・鼻が詰まる
 ・ドロっとした鼻水が出てくるようになる
 ・頭痛などが酷くなる
 ・食べ物の臭いが分からなくなる
 ・悪臭を感じるようになる

これらの症状が慢性的に続いている場合は
蓄膿症である可能性が高いので、
一度、診断してもらうことが必要です。

関連記事:「子供の蓄膿症の症状」

 

どうして悪臭が?

蓄膿症になってしまうと
嫌な臭いを感じるようになるのですが、
これはどうしてでしょうか?

これは蓄膿症でたまった鼻水の臭いであり、
これがたまっていることが臭いの直接的な原因となっています。

この臭いですが、
人によって様々な表現はあるものの
腐った生ごみみたいな臭いがします。

自分の鼻からそういった臭いがするなんて考えたくもないですね。

さらに蓄膿症がやっかいなのは、
その臭いが他人に伝わってしまうケースもあるということです。

これを防ぐために効果的なのが
「鼻うがい」になります。

鼻に直接ぬるま湯を入れて洗浄する方法になります。

次の動画をご覧ください。

【アーユルヴェーダ・鼻うがい】

動画のように
顔を少し傾けて、
片方の鼻の穴からぬるま湯を注いで、
もう1つの鼻の穴から出すだけです。

最初は痛みを感じることもあるようですが、
慣れればすんなり出来るようになり鼻がスッキリします。

 

臭いが分からなくなるのは?

蓄膿症でたまった膿により
鼻が詰まってしまうがために
臭いが分からなくなることがあるようです。

これも蓄膿症の1つであり、
そのために嫌な臭いがしていても自分では気づかずに
周りから指摘されて気付くということがあるようです。

また、
食事の時なども臭いが分からなくなるために、
あまり食べていても
美味しくないということにもなってしまいます。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)