国民保護サイレンが怖い!どんな音?どんな時に鳴らされる?

サイレンは非常事態や
緊急事態の時に鳴るものである認識が強いのではないでしょうか?

サイレンは意外と身近にも存在しています。
パトカーや救急車なんかはそうですよね。

どちらもサイレンが鳴っていたら、
「何かが起きたんだな」
とすぐに分かりますよね。

そういった事態を瞬時に知らせてくれるために
サイレンは役立っています。

今回はそのサイレンの中でも
国民保護サイレンについてお話していきます。

SPONSORED LINK

国民保護サイレンとは

国民保護サイレン国民保護サイレンとは
国民保護に係る警報サイレン音のことを言います。

つまり、
国民の安全が脅かされる時に鳴ります。

具体的にいうと、
ゲリラや特殊部隊による攻撃が発生した時、
弾道ミサイル(核ミサイル)が打ち込まれた時、
などです。

一刻を争う非常事態の時に鳴るサイレンのことを
国民保護サイレンと呼びます。

 

国民保護サイレンが怖いという声

国民に危険を知らせてくれる国民保護サイレンですが
その「サイレン音」がとても怖いようです。

実際に聞いた人たちの反応をみてみると

「怖すぎィ!」

 

「聞いた瞬間背筋がぞくっとした 」

 

「怖いというかもうどうしようもない感じだな 」

 

「不安感を煽られる 」

 

「緊急地震速報より怖い」

 

「ちょっとパニック状態です」

 

このような反応がありました。

どの人も共通して
「怖い、不安感を感じる」

との反応をされています。

 

国民保護サイレンの音は

By: Luke Ma

聞いた人が
自分自身に武力攻撃の危機が迫っている状況を認識できるように、
あえて不快感や警戒心などの
防衛本能を呼び起こすための音にされているそうです。

なので、
音を聞いた人は不快になるんでしょうね。

 

どんな音か

国民保護サイレンは
内閣官房国民保護ポータルサイトで聞くことができます。

サイトのURLはこちらになります。
http://www.kokuminhogo.go.jp/arekore/shudan.html

Youtubeでも聞くことができますので
こちらもどうぞ

【国民保護サイレン】

どうでしょうか?
とても怖いですよね。

もし、
国民保護サイレンが実際に鳴ったら
かなり焦ってしまいますよね。

この音を聞くことがないように祈るばかりです。

関連記事:「地震速報の音が怖くなった理由とは」

 

誤作動した例

武力攻撃が迫っている時などの
非常事態時に鳴らされる
国民保護サイレンですが

山口県岩国市で深夜から早朝にかけて
約1時間に渡り
国民保護サイレンが鳴り響いたという情報がありました。

Twitter上でも話題となりました。

実際には非常事態ではなかったために
誤報という事になりましたが

誤報であったとしても
鳴った地域に住んでいる人からすれば
ひとたまりもありません。

しかも、
サイレンの意味を知っている人なら、尚更そうですよね。

夜中に国民保護サイレンが鳴った時の恐怖は
想像を絶する物でしょうね・・・。

誤作動が起きたりすると、
本当に警報を鳴らした時に
信じない人もでてくる可能性がありますし、

何より、
不安になって仕方がないので
誤作動は絶対にやめてほしいものですね。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)