地震速報の音が怖い!恐怖心に襲われるあの音にまつわる伝説とは

強い地震が来る時に
鳴らされる地震速報の音ですが

この音を耳にするだけで

「やばい!」

と恐怖心を感じるのではないでしょうか?

そのような音になったのはある理由があったのです。
どんな理由なのでしょうか??

SPONSORED LINK

地震速報の音とは

地震速報とともに流れてくる

チャランチャラン、チャランチャラン♪
緊急地震速報です。強い揺れに警戒してください。

という音が地震速報の音です。

この音を聞くだけで
たちまち嫌な思いをしてしまったり
警戒態勢に入ってしまうと思います。

この音です!

そもそも、
なぜ チャランチャラン、チャランチャラン
という音に決まったのでしょうか?

また、
作成した人物は誰なのか気になりませんか?

 

地震速報の音が決まった理由

地震速報の音ができたのは

NHKが
東大の名誉教授である伊福部達(とおる)さんに
緊急地震速報に使える音の作成を
依頼したことからはじまりました。

NHKが伊福部さんに
作曲をしてもらう際に、ある「条件」を提示しました。

雑音の中であっても
子供から老人まで誰も気が付くような音

一部の人が気が付かない音だと
緊急地震速報の警報音の意味をなさないためには
当然の条件と言えます。

そして
伊福部さんはこの条件を満たすような音作りを始めました。

その際に伊福部さんが参考にしたのは
叔父である伊福部昭さんの曲でした。

伊福部昭さんは
ゴジラの曲などを作曲した人物でした。

ゴジラのテーマ曲

その他にも
伊福部昭さんが作曲した「シンフォニア・タプカーラ」もありました。

シンフォニア・タプカーラ

シンフォニア・タプカーラと
ゴジラの曲は似ている部分がありました。

そもそも、
伊福部達さんは
何故、伊福部昭さんの曲を候補曲にしたのでしょうか。

その理由は
子供の時からゴジラの曲を聞いていたために

ゴジラ = 地震

というイメージがあったといいます。

そのため地震速報の音を作成する際に
まず、ゴジラの曲を聴き、
次に似たような シンフォニア・タプカーラが出てきたのです。

それらの曲を参考に作曲をした結果、

チャランチャラン、チャランチャラン
という地震速報音が出来上がったのです。

またNHKは
この地震速報音の他にも
国民保護サイレンと呼ばれる音を所有しています。

国民保護サイレンとは
日本が武力攻撃を受けた際に鳴る警報音です。

これらの音を聞かない事を祈ります・・・。

 

音が怖いと言う人たちの声

怖い音!

地震速報の音は警報音であるために
耳にした人たちに
緊張感や危機感を与えるように作られているようです。

実際に聞くと怖いようです。

地震速報音を聞いた人たちの反応をみていきましょう。

「緊急地震速報の音がトラウマ過ぎて動けない、動悸が」

「地震よりも緊急地震速報の音のほうが怖いトラウマ」

「ホンマ怖いわ緊急地震速報の音」

「なんでホラー路線やねん 」

「ほんときらい 」

「タダ事じゃないって分かるメロディー作ったのは凄いわ 」

「心臓がキュッとなる 」

「あの音なるだけでややパニくる」

このような反応がありました。

誰一人としていい思いはしていません。

皆が不快感を感じています。

あえてそのような音を作成した
伊福部達さんは本当に素晴らしいと思いました。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)