小学生も簡単!プランターで朝顔の育て方。コツがあります。

小学生でも簡単に朝顔を育てる方法
というのを紹介したいと思います。

小学生にとって
朝顔の育成を通しての植物の観察というのは
非常に生き物について勉強になるものです。

自分で育てることが出来れば、
尚、良いのではないかと思います。

それほど難しくはないですが、
いくつか朝顔を育てる上でちょっとしたコツがありますので、

今回は
小学生が朝顔を育てることにポイントを当てながら
紹介していきたいと思います。

SPONSORED LINK

朝顔の育て方

朝顔は小学生
小学生が朝顔を育てる時には
どのようなことに注意すれば良いのか?

それにはまず、
基本的な朝顔の育て方から紹介します。

・プランターの準備:少し大きめのプランターのほうが生育が良い

・種まき:種をまく前に一晩、水につけておくと発芽しやすいのでつけておく

・間引き:生育の良いものだけ残して、後は除く

・支柱立て:根っこなどを傷つけないように支柱を立てる

・後片付け:シーズンが終わったら、プランターなどの後片付け

これ以外には「日常に水やり」が必要です。

次に紹介する動画にもありますが、
朝顔にはたくさん水を上げてください。

葉がくたっとなっているようではダメです。

【朝顔の育て方・日常管理】

プランターの水はけをしっかり良くしてあれば、
余計な水分は排出されて調整されますので
あげすぎもそれほど心配する必要はありません。

花は秋まで咲かせてくれますので、
それまではしっかりと水を与えて朝顔を楽しみましょう。

 

プランターと鉢植えの違いは?

プランターと朝顔
小学生の朝顔の育成は
まずはプランター選びから始まるかと思います。

しかし、
プランターと鉢植えのどちらが良いのかということですが、

どちらでも構いません。

プランターは四角いもの、
鉢植えは丸いものを指して使われることが多いようです。

それ以外にも微妙な差はあるようですが、
基本的には
自分が育てる環境に適したものを使用することでOKです。

ただし、
出来るだけ大きいほうが育てやすいのは間違いありません。

 

コツはあるの?

By: machu.

小学生が朝顔を育てる上で
ポイントは下記の2点になると思います。

 ・間引き
 ・支柱立て

間引きは自ら選定して芽を残すものですが、
はさみなども使いますので、ケガなどには注意です。

しかし、
間引くという行為が植物を育てる上での
大事なことを感じさせてくれます。

また、
支柱立てについては、
立てること自体は難しくはありませんが、
根っこを傷つけないようにするのが大切です。

どちらも一人では出来ないようであれば、
誰かがサポートして上げることが大切になります。

小学生が朝顔を育てる上で特に注意が必要なのは、
プランターの準備と間引きです。

特に間引きは自ら選定し、
ハサミを根から切り離さなければなりません。

そのやり方は以下のようになります。

 ・たくさん芽が出た中で本葉の中で一番、生育の良いものを選ぶ
 ・それ以外の芽を茎の根元から切り落とす。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)