低酸素脳症の症状と治療。後遺症は出るのか?原因は呼吸と関係が?

低酸素脳症
脳に酸素が届かなくなることによって起きてしまう病気です。

脳は酸素がないという状態に非常に弱いので、
症状としては脳に関するものが非常に多く、
長く続けば死に至ってしまうこともあります。

治療したとしても、後遺症が出るケースもあります。

今回はこの低酸素脳症について、
その症状や治療方法、
発症原因について説明していきたいと思います。

SPONSORED LINK

低酸素脳症というのは?

脳に酸素が届かない
低酸素脳症というのは、
酸素が脳に十分に届いてこないことから
脳の機能に障害が発生してしまう病気です。

脳は酸素が必要であり、
酸素が少ないという状態に非常に弱いために、
様々な脳の機能に障害が出ます。

とっても変な音声ですが
この動画をご覧ください。

【低酸素脳症の症状、治療】

変な音声と画像の動画の中でも
低酸素脳症について解説されていますが、
酷い場合は脳死などに至るケースもありますので、
非常に怖い病気であるということが言えます。

 

どういった症状に?

リアルな脳
低酸素脳症の症状というのは、
脳にどの程度の酸素が届いているかで違ってきますが、
比較的短い時間であれば下のような症状が見られます。

 ・注意力散漫
 ・判断力の低下
 ・運動機能の低下

短い時間というのは、
成人の場合で数分レベルのことで、
この程度であれば
後遺症も残らずに回復するケースが多くなっています。

しかし、
これ以上の場合は、上に紹介したような症状の他、
後遺症などが残ってしまうケースがあり、
持続的な障害なることも考えられます。

 

治療方法は?

脳の治療は
低酸素脳症の治療法についですが、
まずは低酸素になってしまった原因を解消するのが先決です。

一刻も早く脳に酸素を送る必要があります。

治療において非常に大事なのは、
『低酸素脳症の状態を
 いかに短い時間で解消することが出来たか?』
になります。

この時間が短ければ短いほど、
後遺症が残るケースというのは少なくなります。

また、
低体温にすることで脳の機能を一時的に低下させて
進行を遅らせる低体温法という治療法も用いられます。

 

どんな後遺症が考えられる?

後遺症
低酸素脳症の後遺症としては
運動機能に対しての障害が多く見られます。

また、
運動機能の他に脳の機能の障害として、
電話が取り次げないなどの
日常生活に支障をきたす後遺症の可能性もあります。

これらの後遺症については、
リハビリを通しての治療が一般的です。

脳にまつわる病気であるため、
後遺症は様々であり、
パーキンソン症候群などを起こすこともあります。

 

原因はどういったことが考えられる?

低酸素脳症の原因ですが、
下のようなものが考えられます。

 ・貧血
 ・一酸化炭素中毒
 ・溺れ
 ・窒息

こういったことにより
低酸素脳症が引き起こされることになります。

これ以外には
心筋梗塞といった病気によって
低酸素脳症が引き起こされるケースというのもあるのです。

低酸素ですから、
呼吸に何らかの障害が発生すると発症する可能性がある
と考えて間違いありません。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)