突発性難聴の原因とは。治療で治る?再発してしまうのか?

突発性難聴
まだ原因がいまいち分かっていない病気です。

しかし、
決して治らない病気ではありません。

早期発見が大切な病気ではありますが、
しっかりと自分の身体に目を向けていれば、
対処可能な病気でもあります。

今回はこの突発性難聴について紹介したいと思います。

再発の危険性はあるのかなどの他の情報についても、
一緒に説明していきたいと思います。

SPONSORED LINK

突発性難聴というのは?

聞こえる聴こえる
突発性難聴というのがどういう病気かというと、
ある日、突然として耳が聞こえなくなってしまう病気です。

片側だけ聞こえなくなることが多く、
電話などをしていて気付く場合が多くなっています。

まずは、次の動画をご覧ください。

【「突発性難聴」】

突発性難聴について解説してありますが、
かかりやすい年代は40~50代と
若い人よりも少し上の世代の人がかかりやすくなっています。

また、
ストレスなどを抱えている人が発症しやすいと言われています。

 

原因は?

耳を横から
突発性難聴の原因ですが、
ストレスと先述しましたが、
はっきりとした原因というのはまだ分かっていません。

そもそも突発性難聴というのは、
突然、耳が聞こえなくなる病気の中でも
原因が分からないものを突発性難聴と呼びます。

しかし、
一応、有力な説として2つの原因があります。

 ・ウイルス感染説
 ・内耳循環障害説

ウイルスに感染することで、
突発的な難聴が引き起こされてしまうのではないかという説が1つ、

内耳血管の循環障害によって
引き起こされるのではないかという説が1つになります。

治療はこれらの原因を想定して行われることにもなるのですが、
原因が分からないというのは
病気としては非常に怖いものだと感じますね。

 

治療は?

難聴の耳の薬
突発性難聴で気になるのが
治療法やそもそも治るのかということですが、

原因がはっきりと分かっていないため、
的確な治療法と言うのも確立されていません。

治療法としては、
ストレスの解消のための安静、
ステロイドの投薬などが一般的ではあります。

ただし、
治療法が確立されていないものの、
突発性難聴は治ります。

また、
再発しないということも特徴の1つです。

大事なのは、早期発見の早期治療です。

治療開始が遅れた場合、
難聴は治らずに耳が聞こえないままということもあります。

 

再発はするのか?

突発性難聴については、
再発しないというのが特徴の1つです。

それでも、
再び難聴になった場合は
他の原因を考えたほうが良いです。

突発性難聴については、
再発しないということとともに、
遺伝もありませんので、

かかったら速やかに治療を行い
解消すれば問題ありません。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)