皮膚がんになる原因とは。癌検査と治療方法。ほくろが痛み出す?

皮膚に出来る皮膚がんの原因は
どういったものになるのか?

また、
皮膚がんの検査方法や治療方法などを紹介していきたいと思います。

皮膚は比較的、
目につきやすいために
皮膚がんもまた発見が比較的早いと言われているがんです。

しかし、
ほくろと勘違いしてしまうことなどもあったり、
ほくろが痛いと思っていたらがんだったということも…

今回はそういったところも含めて、
解説していきたいと思います。

SPONSORED LINK

皮膚がんというのは?

皮膚がん
皮膚がんというのは、
皮膚の細胞が悪性化したものを総称した呼び方になります。

皮膚は見えるために
皮膚がんの発見の確率も高いと言われています。

そのため、
早期発見が大事ながん治療において
皮膚がんは非常に重度化しにくいと言えるがんです。
(ただし、他のがんに比べてですが…)

そのため、
皮膚がんにかかった方で亡くなる人は
5人に1人という割合ですから、
他のがんに比べていかに低いかが分かります。

もちろんこれも発見が早く、
早期治療出来た場合ですので、
放っておけば大事に至ることもあります。

 

皮膚がんになる原因とは?

日焼け皮膚
皮膚がんになる原因ですが、
まずはこちらの動画をご覧ください。

【健康ぷらざ:皮膚がん】

1分30秒くらいのところで、
皮膚がんの原因について解説してありますが、
主な皮膚がんの原因は以下のものとなります。

 ・紫外線
 ・やけどなどの外傷
 ・放射線
 ・ウイルス

特に紫外線による皮膚がんというのは多く、
皮膚がん患者に高齢者が多いのはこのためです。

高齢者の方は
紫外線を浴びる時間も長くなりますので、
皮膚がんを発症しやすいということになるのです。

夏などは紫外線を気にして
日焼け止めを塗る方も多いですが、

1年中、紫外線は出ていますので、
出来るだけ紫外線対策は
何らかの形でしておいたほうが良いのは、間違いなさそうです。

 

検査方法は?

病院で検査
皮膚がんの検査方法は、大きく分けて2種類です。

 ・生検
 ・ダーモスコピー

生検は皮膚を切り取って、
顕微鏡などで調べる検査方法になります。

直接、
細胞を調べることになりますが、
皮膚がんの検査では多く用いられる方法です。

ダーモスコピーは、
患部にエコーゼリーを塗り
内部を観察する方法になります。

メラノーマ(ほくろのがん)の場合だと、
患部にメスを入れることで悪化の危険性があるため、
このダーモスコピーの方法が用いられることとなります。

 

治療方法は?

皮膚の治療
皮膚がんの治療方法は以下のものがあります。

 ・外科療法:患部を直接、切除してしまう方法。
 ・凍結療法:細胞を凍結させて壊死させてしまう方法。
 ・放射線療法:放射線をあてて治療する方法。
 ・化学療法:投薬によって治療を行う方法。

皮膚がんの治療法としては、
この中でも、放射線療法が多く用いられます。

1回の治療も短時間で終わるために、
入院などをせずに
通院しながらでも治療出来るというのが特徴です。

 

ほくろが痛い時は?

皮膚がんの疑いとして、
ほくろが痛いことがあると言われます。

この場合、
確実に「がん」だということが言えませんが、
出来るだけ早く病院に行って診断して貰うことが大切です。

細胞が傷つけられることが繰り返されると
がん化すると言われていますので、

ほくろが痛い時は
何かそういった兆候がある時かもしれません。

特に服などでこすれやすい部分については
注意が必要となります。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)