統合失調症の陰性症状とは。治療薬で治る?家族もチェックできる。

総合失調症には
陰性症状と陽性症状と言われるものがあります。

これらの症状の違いというのは、
どういったものになるのでしょうか?

100人に1人の割合だと言われる総合失調症ですが、
治療薬で治るのかなど、
まだまだ理解されていない部分というのも多くなっています。

そこで今回は
総合失調症について説明していきたいと思います。

最後には簡単なチェックが出来るサイトも紹介します。

SPONSORED LINK

総合失調症とは?

統合失調症の症状
総合失調症というのは、
精神疾患の1つになります。

幻覚だったり、妄想というのが主な症状になりますが、
日常の生活に大きな支障をきたすケースもあります。

人が人生の中で
この統合失調症にかかる確率というのは、
およそ1%程度と言われていますので、
低い数字ではないかと思います。

年代としては、
どちらかと言えば若い世代の方々が発症しやすいようです。

特に10代後半から20代がピークになっています。

次に動画をご覧ください。

【統合失調症と噂される芸能人まとめ】

芸能界でも統合失調症だという人は多く、
芸人のナインティナインの岡村さんは一時、
治療のためにテレビからすっぱり姿を消した時期もありました。

岡村さん以外にも、
多くの芸能人が悩まされている病気になっています。

 

陰性と陽性とは?

統合失調症の病状
統合失調症の症状は
大きく2つに分けることが出来ます。

それが、
『陰性』『陽性』
になります。

それぞれどのような症状になるかというと…

 ・陰性:思考の貧困化、意欲の欠如、自閉
 ・陽性:妄想、幻覚、思考障害

症状として目立たないものを陰性、
目立った症状のことを陽性と分類されています。

しかし、
分類されているだけで、
どちらも統合失調症の症状には違いはありません。

 

治療法は?

治療する統合失調症
統合失調症の治療ですが、
大きく分けて2つあります。

『外来』と『入院』による治療です。

過去に比べれば、
外来でもかなり治療することが出来るようになってきています。

ただし、
入院は医療する側が
薬の効果などを把握しやすいという利点があります。

また、
入院することによって、
ストレスから解放され、
それがきっかけで快方に向かう方もいます。

治療に用いられる薬は
抗精神病薬で、
以下の3つの効果が期待出来ます。

 ・陽性症状を改善する効果
 ・鎮静催眠の効果  
 ・陰性症状を改善する効果

抗精神病薬を服用すると
「洗脳される」と考えている人もいるようですが、
決してそういったことはありません。

特に陽性症状に対しては、
陽性症状の幻覚などに対して興味がなくなるというイメージですので、
統合失調症には非常に効果的だと言えます。

 

チェックはどうするの?

本格的な統合失調症のチェックは、病院で行うべきですが、
簡単に家でチェックが出来るサイトを紹介します。

統合失調症ナビ
http://www.mental-navi.net/togoshicchosho/check/index.html

メンタルヘルス.jp
http://atmentalhealth.jp/tougou/

カラダカラ
http://www.karadakara.com/sindan/check/ch029_1.html

どれも簡単にセルフチェックが出来るサイトです。

また、
それぞれに統合失調症についての解説がありますので、
参考に読んでみると良いのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)