チャイルドシート義務の年齢はいつから?警察の罰則は?新生児はどうなる?

チャイルドシートが義務化されていますが、
子供の年齢がいつからいつまでの義務があるのでしょうか?

また、
違反した時の罰則にはどういったものがあるのでしょうか?

これからお子様が生まれる方には
気になるところだと思います。

新生児もチャイルドシートに乗せなければならないのかなど、
今回は
チャイルドシートに関することについて説明していきたいと思います。

SPONSORED LINK

チャイルドシートは義務なの?

チャイルドシートについては義務です。

お子様がいる家庭は
自動車に乗せる時は
チャイルドシートに乗せなければならないと決まっています。

まだ身体が大きくない子供では、
自動車の大人用のシートベルトでは、
首にかかってしまうなどして、安全性が保たれないために、
チャイルドシートが義務づけられています。

もちろん
シートベルトもせずに乗るなんていうのはもっての他です。

次の動画をご覧ください。

【時速40キロの衝撃 チャイルドシート非着用】

動画は時速40キロでの衝突の試験ですが、
40キロでこんなになってしまうのであれば、
それ以上であれば
子供がどれだけ危険にさらされるかが理解出来るかと思います。

 

着用年齢とシートの種類

チャイルドシートの着用は6歳未満が義務付けられていますが、
年齢や身体の大きさに併せて、
チャイルドシートも少しずつ変更していかなければなりません。

チャイルドシートは大きく分けて3つあります。

 ・新生児用ベビーシート
 ・幼児用チャイルドシート
 ・学童用ジュニアシート

体重や年齢などによって目安が決められていますが、
チャイルドシートの中には、
パーツの付け替えを行うことによって、
タイプを少しずつ変えることが出来るものもあります。

1台で新生児から学童用まで使えるというのは、
お財布にはありがたい設計ではないかと思います。 

 

違反の罰則や罰金は?

子供シート
チャイルドシートは義務だと説明しましたが、
もちろんそれに違反すれば罰則というのがあります。

免許の点数から1点の減点を受けることになります。

罰金については、
特にありませんので、
罰則は点数の減点のみということになります。

ただし、
罰則以上に子供を危険にさらしているわけですから、
しっかりと守ってあげるためにも
チャイルドシート着用は守るべきだと思います。

 

新生児はどうするの?

新生児の移動は
クーハンと呼ばれる道具もあります。

上の画像がクーハンです。

カゴのようなもので、
新生児を中に寝かせて運ぶことが出来るグッズではありますが、
このクーハンでもNGです。

新生児用もしっかりとチャイルドシートがありますので、
チャイルドシートに乗せてあげましょう。

ただし、
タクシーなどの公共機関に乗る場合は、
クーハンなどでもOKとなります。

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)