面接の電話、折り返しする時のマナーとは。出れなかった時のかけ方を解説

面積の電話ですが、
タイミング悪く出れない時などは
折り返し電話する必要があります。

その折り返しですが、
気になるのが「マナー」ではないかと思います。

そこで、
今回は面接の電話に出れなかった時のマナーについて紹介します。

すぐにかけ直すべきか、
相手からの電話を待つべきか?

かけ直す時のかけ方は
どういった方法が良いのかなど紹介していきたいと考えています。

SPONSORED LINK

面接を受ける会社からの電話

スマホに電話
面接を受ける会社からの電話、
面接の案内なのか?面接の合否なのか?
内容は様々です。

また、
留守電にメッセージが入っているケースもあります。

特にこれから面接を受ける会社の場合、
こちらから掛け直したほうが良いのかなど気になるところです。

かけ直したほうが印象が良いのかなど、
これから面接を迎えるのであれば
余計に気になってしまうのではないでしょうか?

1つ言えるのは、
かけ直すのも相手からかかってくるのを待つのであっても、
しっかりとマナーは抑えなければならないということです。

 

折り返しする時のかけ方は?

懐かし黒電話
面接を受ける会社からの電話に出れなかった際、
折り返す時には
どういったことに注意しなければならないでしょうか?

まず、
最低限、守りたいのは電話をかける際のマナーです。

こちらの動画をご覧ください。

【面接対策&ビジネスマナーDVD】

電話の応対のマナーが紹介されていますが、
手元にメモは必須です。

出先で気付いたからといって、
すぐにかけ直すのは適切ではありません。

これから面接を受ける会社からの電話であれば、
面接に関する調整が行われるのはほぼ間違いないでしょう。

それであれば、
尚更、手元にメモは必須となるのです。

内容を聞きもらさず、
メモを取るというのは、
電話応対における最低限のマナーです。

 

様々な電話のポイント

面接の電話は大事
面接を受ける会社に折り返しの電話をする際は、
まずは一言、謝罪するところから始めましょう。

せっかくかけてきてくれた電話に対して
こちらは「出れなかった」のですから、
謝罪は大切なことです。

また、
折り返しの電話をする際のポイントとして
大事なことは電話をする時間帯です。

ランチタイムは
相手も休んでいますから当然NGです。

夕方以降も
仕事が終わっているケースや
忙しいケースがありますので、
出来るだけ避けたほうが良いです。

 

まとめ

By: epSos .de

面接を受ける会社へ折り返しの電話をする際ですが、
注意点をまとめました。

 ・手元にはメモを準備。
 ・相手には一言、謝罪をする。
 ・時間帯は慎重に選ぶ。

留守電などにメッセージが入っている場合は、
それに従うことも大切です。

大事なことはマナーだけに縛られず、
臨機応変に対応するということです。

面接は折り返しの電話から始まっている
と考えても良いほどです。

折り返しの電話応対が上手くいけば、
面接の印象も良くなるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)