鼻づまりは味覚がない!解消法は薬を使わないでも良いやり方がある

「鼻づまり」ってなってしまうと大変ですよね。

日常生活においても
ちょっとしたことで ストレスを感じてしいます。

例えば、
呼吸がしづらい、
寝つきが悪くなる、
鼻に違和感が常にあるなど・・・

そういえば、
鼻づまりになっている時って
食事をしても
味を感じにくくなる(感じなくなる)経験はありませんか?

私は食べるのが好きなので
味を感じなくなるのが一番つらいです(笑)

何故、
味を感じなくなってしまうのか、その理由と
薬を使わないで鼻づまりを治す方法について
知っておくと役に立つかもしれませんよ!?

SPONSORED LINK

鼻づまりで味覚が無くなる理由

鼻づまり

食べ物を食べた時に
美味しいと感じると思いますが

そういった美味しいを感じるのは
食べ物の味よりも匂いなんです。

そして、
匂いを感じ取る器官と言えば??

そう『鼻』なんです。

つまり、
鼻づまりになってしまうと
食べ物の匂いを感じ取れなくなる=味を感じなくなる

こうなることが
鼻づまりになると
味覚障害になってしまうと言うことに繋がるんです。

「味覚を感じ取るのは舌なんじゃないの?」

こう疑問に思ったかもしれませんが、
舌も味を感じ取ることには感じるのですが、

どっちかというと
口に入ってきたものが
食べ物かどうかを判断する役割の方が強いのです。

実際に、
舌と鼻の細胞数の数を比べてみても
鼻の方が数が圧倒的に多いんです。

食べ物を鼻だけで味わっているというわけではありませんので
誤解しないでくださいね^^

「本当に鼻が味を感じているのか?」
とまだ、信じきれない人に
是非やってもらいたいことがあります。

何か食べ物を食べる時に
鼻をつまむか息を止めて食べてみてください。

恐らく、何も感じないはずです。

「しょっぱいかも」
「甘いのかな?」
程度には感じることができると思いますが
美味しいとは感じないですよ^^

そして、
鼻を離すか、
呼吸をすると
一気に匂いが口に広がり、
「うまい!」となります。

一度試してみる価値はあると思います。

 

味覚解消法

By: Hungju Lu

鼻づまりになってしまった時の対処法についてです。
薬を使わないで治すための手法となります。

・呼吸を止めて頭を上下に動かす方法。

深呼吸をして
息を全て吐き終えた後、
息を吸わずに
そのまま鼻をつまみ頭を上下に動かすだけでOKです。

これによって体内が酸素不足になり
体が鼻にある空気の通り道を広げようとすることから
結果的に鼻づまり解消法となります。

 

・鼻を温める

蒸しタオルなどの暖かい物で鼻を温めてください。
温めることで血流が良くなって鼻づまり解消につながります。

蒸しタオルは
濡らして軽く絞ったタオルを
ラップやジップロックで包み
電子レンジで温めるだけですぐできます。

火傷には注意してください。

 

・氷をなめる

氷などの冷たいものを口に入れることによって
鼻腔の炎症を軽減することが期待できます。

「炎症」が原因の鼻づまりの場合には効果ありです!

注意点としては氷をなめてください。
噛んではいけません!

 

・ペットボトルを脇挟む

つまっている鼻と反対側の脇に
500mlほどのペットボトルをはさむだけです。

そうすることで交感神経が刺激され、
鼻付近の血流が良くなるからです。

左鼻がつまっていたら右脇に、
右鼻がつまっていたら左脇に
両方がつまっていたら両脇に挟んでください(笑)

 

ツボを紹介

つぼ

鼻づまりを解消する方法には
ツボを刺激する方法もあります。

鼻づまりに効くツボを紹介していきます!

・清明

目頭と鼻の付け根の骨との間にあるツボです。
指の腹で押し込むように刺激してください。

眼球を刺激しないように気を付けてください。

・迎香

小鼻の左右の最も広がったところのくぼみにあります。
少し強く刺激しても大丈夫です。

・合谷

手にあるツボになります。
手の甲側、親指と人差し指の間にある骨の付け根から
指先部分にある筋肉のような部分です。

刺激すると少し痛いです。

・外鼻

耳の穴の手前にある小さなふくらみの中央部分です。
気持ち顔よりに位置しています。

・内鼻

外鼻の裏側のやや下にあります。

・腎上線

外事の斜め下に位置しています。

・内分泌

耳の穴の下の切れ込みの内側にあります。

外鼻、内鼻、腎上線は
耳の穴に人差し指を入れて、
親指とはさむようにほぐしていきます。

内分泌は
耳の穴の下にある切れ込みに人差し指を入れて
押して刺激します。

鼻づまりに効くツボが
耳付近にあるというのは
意外ではありませんでしたか?

ただ、刺激するには
耳の穴に指を入れないといけないので、
手をきちんと洗って、
水気を取ってからの法が 衛生上良いです。

これで辛い鼻づまりともおさらばですね!

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)