溶連菌は大人も感染!症状と治療薬は?原因はどうして?

子供が感染することが多いと言われている溶連菌ですが、
大人でも感染します。

では、
大人と子供では
溶連菌に感染した時の症状であったり、
治療薬というのは異なるのでしょうか?

また、
子供に多いと言われている溶連菌の感染が
どうして大人でも感染するのでしょうか?

今回は溶連菌が大人にも感染する原因なども含めて、
説明していきたいと思います。

SPONSORED LINK

溶連菌とは?

溶連菌というのは、
正式名称を溶血性連鎖球菌と呼び、
略したものが溶連菌となります。

そして、
この溶連菌に感染すると
溶連菌感染症となりますが、

かつては伝染病として恐れられていた病気でした。

抗生物質の登場によって、
比較的、簡単に治療することが出来るようになったため、
今ではそれほど恐れる必要がない病気ですが、

溶連菌に感染する患者というのは毎年多く、
放っておけば合併症を引き起こす可能性もあるため、
油断することは出来ない病気です。

また、溶連菌は、
それ自体も何種類かあり、
ほとんど害をなさないものもいれば、
毒性が強いものもいるという特徴もあります。

関連記事:「溶連菌感染症の潜伏期間とは?」
関連記事:「溶連菌に尿検査は必要?」

 

大人も感染する?

大人の感染

溶連菌感染症は子供の感染が圧倒的に多く、
10歳ぐらいまでがピークとされています。

しかし、
大人が感染しないかというとそんなことはありません。

大人でも感染する可能性はあります。

ただし、
感染しても子供に比べると症状を発症することは少ないため、
感染したことに気付かないケースもあります。

大人の場合、
症状が出るのは全体の5~8割程度と言われています。

 

症状と治療について

溶連菌感染が発症した際の症状ですが、
症状が出る場合、
大人も子供でもほとんど差はありません。

2~5日程度の潜伏期間を経た後、
喉の痛みや発熱に襲われます。

また、
頭痛や嘔吐などの症状が出ることもあるようですが、
その中で特徴的なのが発疹です。

舌に出る発疹はイチゴ舌と呼ばれるもので、
溶連菌感染症の特徴的な発疹と言えます。

それ以外にも様々な症状があり、
風邪などとは見分けが難しいため、
他人に感染させてしまうことも多々あります。

そして、治療についてですが、
次の動画をご覧ください。

【溶連菌感染症】

動画の後半のほうで紹介されていますが、
治療は抗生物質の服用などで行われます。

溶連菌には、
抗生物質が大変効果的であることが分かっています。

服用を開始してから2~3日程度で
喉の痛みや熱が引いていきます。

しかし、
しっかりと治すためには
数日は飲み続ける必要がありますので、
勝手に自己の判断で薬の服用を止めてはいけません。

 

大人がかかる原因は?

溶連菌の感染する原因ですが、
飛沫感染が一般的となっています。

誰か感染している人のくしゃみなどによって、
菌が広まっていくことになりますが、

大人が感染する場合、
自分のお子さんから移されるケースが多々あります。

子供が感染した場合、
その親の方も2割ぐらいは感染する可能性があるとも言われています。

大人が溶連菌に感染するケースでは、
こういったケースが多くなっているかもしれません。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)