嚥下障害の原因は病気や疾患から?若年でもストレスで起きやすい?

嚥下障害(えんげしょうがい)の原因はどういったものが多いのでしょうか?

また、
高齢者だけに多いと考えられている嚥下障害ですが、
若年にも多いのではないかとも言われています。

今回は、
そういった様々な疑問がある嚥下障害について
説明していきたいと思います。

嚥下障害について、
これを読んで正しい知識を身につけてください。

SPONSORED LINK

嚥下障害とは?

ファーストフードは良くない
嚥下障害というのは、
簡単に言ってしまえば
食べたり、飲んだりというのが
上手く出来なくなってしまう障害です。

症状としては以下のようなものがあげられます。

 ・食べるとむせてしまう
 ・形があるものが食べることが出来ない
 ・食べ物がつかえる

嚥下障害ではこういった症状が見られます。

また、
食べたものが気管に入ってしまうこともありますが、
これを誤嚥(ごえん)と呼びます。

通常、
食べ物を食べたり飲んだりする時は、
気管に入らないように機能が働くわけですが、
この機能が嚥下障害では上手く働かずに気管に入ってしまうことがあります。

次の動画をご覧ください。

【嚥下障害治療】

嚥下障害の時の検査方法が紹介されていますが、
食物が流れているのがよく分かります。

この流れている食物が正しい位置に流れず、
気管に入ってしまうのです。

 

原因は何?

食事はしっかり摂りたい
嚥下障害を引き起こす原因ですが、
様々な原因があるものの、大きく3つに分けられます。

 ・形態以上
 ・障害
 ・その他

特に障害ではパーキンソン病や、
脳性麻痺などの病気や疾患によるものも少なくありません。

また、
加齢に伴って引き起こされることもあり、
介護の現場などでは
この嚥下障害を持っている方を
どのようにサポートしていくかということが
たびたび議論されます。

 

若年でも関係ない?

美味しい食事
嚥下障害は
老化による機能低下が理由であるものの、
お年寄りの病気ではありません。

若年の方でも嚥下障害にかかる人が多く、
最近は増えてきているというデータもあります。

その理由となっているのが、
あまり噛まない食事ながら食事が増えていることです。

昔に比べると食事も様変わりしてきていますが、
ファーストフードなどが増えるにつれて、
噛んで飲み込むというのが苦手な若者も増えてきており、
嚥下障害も増えてきているようです。

 

ストレスは?

嚥下障害はストレスによっても引きこされます。

特にストレス性胃潰瘍などを患っている時は、
上手く嚥下出来ないこともあるようです。

ストレスは
体調を大きく崩す原因となりうるものですが、
嚥下障害もまたストレスによって引き起こされる可能性がある
大きな疾患の1つであると言えます。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)