車の運転が怖い!ペーパーの場合と病気時の運転はどうしたらいい?

車の運転は慣れていないと
恐怖心が伴うものだと思います。

特にペーパードライバーであったり、
病気の時などは
車の運転に対する恐怖というのが尚更あるのではないのでしょうか。

今回は、
車の運転が怖いと感じるペーパードライバーや
病気時の運転について説明していきたいと思います。

SPONSORED LINK

ペーパードライバーの運転が怖い

ペーパードライバー高級車
ペーパードライバーというのは、
免許を取ってから
自ら路上ではほとんど運転したことがない人のことを指します。

人によってペーパードライバー歴というのは様々ですが、
免許を取ってから
まったく運転したことがないという人もいるようです。

まずは次の動画をご覧ください。

【ペーパードライバーの実力検証「路上での運転」】

ペーパードライバーの方々が久々に運転している動画になり、
お二人の運転の様子を見ることが出来ます。

久々ということもあって、
ウインカーを忘れたり、
右折の時に危険な状況に陥ったりしています。

どうしても運転から遠ざかっているために、
ペーパードライバーの方は動画のように慣れていないと
起こしてしまいがちな危険な運転をしてしまう可能性があるのです。

さすがに動画の中で、
右折のシーンは助手席の教官の方も焦っていましたね。

 

病気の時の運転が怖い

病気の運転
病気の時、
特にその病気がパニック障害だったりすると
運転に対する恐怖心というのは非常に高くなります。

パニック障害というのは、
様々なことに対する不安感というのが募り、
動機や冷や汗などが止まらなくなるものです。

人によって電車や飛行機などに乗る際にも
パニック障害の症状が出て、
乗れないということもあります。

パニック障害の方が運転する際には、
衝突してしまうのではないかなどの不安感が募り
パニックとなってしまうようですが、
そういった状態で運転するのは危険な状態だと言えるでしょう。

 

怖いは克服出来る?

自信を持って運転
ペーパードライバーでも
病気の時でも感じる怖いは克服出来ます。

運転に対する怖いを克服するのに大事なのは、
訓練することです。

パニック障害の方であれば、
運転するためにパニック障害の症状を抑えることは大事になってきますが、
後は訓練して
様々なことが想定されていては怖いという感情はなくなります。

つまり、
怖いというのは経験していないことからくる
未知との遭遇に対しての怖いなのです。

そこで、
訓練して様々なことを学ぶことで、
怖いに打ち勝つことが出来るのです。

 

事故を起こしてしまったら?

万が一、事故を起こしてしまったら、
まずは下のところに連絡することが大切です。

 ・警察に連絡する。
 ・保険会社に連絡する。

まずはこの2つに連絡しましょう。

事故を起こした車を移動出来るのであれば、
移動して後続車などに迷惑をかけないことも大切です。

間違っても逃げてしまうなどはNGです。

事故を起こした場合は、
焦らずしっかりと連絡を行い、
後処理を行いましょう。

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)