湿疹の原因はストレスにもある!顔や手にかゆみが起こるストレスの恐怖

かゆい!かゆい!!

できてしまうとかゆくて辛い湿疹(しっしん)。

何が原因で湿疹はできてしまうのか。
また、できてしまった時の適切な対処法とは一体・・・?

SPONSORED LINK

湿疹とは

湿疹の原因

湿疹とは
皮膚に炎症が起きてしまうことです。

別名で皮膚炎とも呼ばれます。

一言で湿疹と言っても分類があるのです。

・接触性皮膚炎
・内因性湿疹
・脂漏性湿疹
・乾皮症/皮脂欠乏性湿疹
・ビダール苔癬(たいせん)
・尋常性湿疹

これほどの種類があります。

そしてこれらの症状は
先ほどもいったように、皮膚に炎症が起きてしまいます。

つまり、湿疹とは皮膚に起こる炎症の総称です。

皮膚に炎症が起こる病気として
湿疹と似た物に蕁麻疹(じんましん)がありますが

湿疹とじんましんは別物です。

蕁麻疹の主な症状は
湿疹と同じく皮膚に炎症がおきる(かゆくなる)点では
同じですが、その後の病状の変化が違います。

じんましんは
症状が短時間で現れたり、
消えたりを繰り返しますが、
湿疹は一度発生した場合には、数日の間は症状が続きます。

また、
蕁麻疹は蚊に刺されたような膨らみができることが多いですが
湿疹の場合はカサツキを伴います。

このように皮膚がかゆい(炎症)という点では同じですが
湿疹と蕁麻疹は別物なのです。

湿疹の主な原因は

湿疹の原因
湿疹の主な原因を
種類別にみていきましょう。

・接触性皮膚炎

接触性皮膚炎はかぶれとも呼ばれます。

原因は
毛虫の毛などをはじめとする何らかの外的刺激が
肌に接触することで発症します。

接触した部分に
紅斑や丘疹、水疱が現れるのが特徴です。

また、
アレルゲン物質に繰り返し触れることで
起きてしまう湿疹です。

アレルギー性皮膚炎も接触性皮膚炎に含まれます。

・内因性湿疹

アトピー性皮膚炎が含まれています。

原因としては
複雑であるため簡単に言う事はできませんが
遺伝的にアレルギーを起こしやすい体質であることが挙げられます。

要因として
食べ物やハウスダストやダニなどの環境要因が原因となって
症状が発症してしまいます。

また、
不衛生にしていても発症してしまいますので注意が必要です。

・脂漏性湿疹

脂漏性湿疹の場合は
子供と大人では原因が異なっており

子供の場合は
毛穴が十分に発達していないために
皮脂をうまく調節することができずに
毛穴に皮脂が詰まることで発症します。

大人の場合は
マラセチアと呼ばれるカビ(真菌)が原因となります。

マラセチアは皮脂が好物なので
皮脂が多い場所に異常増殖してしまい、
その際に肌に炎症が起きてしまうために発症してします。

発症する原因は異なっていますが
どちらも皮脂の分泌が関係しています。

・乾皮症/皮脂欠乏性湿疹

こちらの原因は
外的と内的に分けられます。

外的要因は
過剰な皮膚の洗浄(ボディソープなど)や脂取り紙などによる
過度に皮脂を取る、空気の乾燥などが挙げられます。

内的要因は
生活の乱れなどにより皮脂がうまく分泌されないなどが挙げられます。

いずれにせよ、
皮脂が足りないと起きてしまいます。

・ビダール苔癬(たいせん)

体が温まっている時に強いかゆみを感じるのが特徴の
ビダール苔癬ですが
原因はまだ完全にはわかっていません。

ですが
金属アレルギー、ヘア用品の使用、ストレス、紫外線

などが原因と言われています。

・尋常性湿疹

湿疹の多くが尋常性湿疹にあたります。

原因としては
何かの外的要因により
免疫反応が起きることで発症すると言われています。

体内に刺激物が侵入してきた際に
免疫機能がうまく働かずに
肌に症状が現れてしまうため
皮膚が炎症を起こしていると考えられています。

 

ストレスが原因になる?

湿疹はストレスが原因となっても
起こってしまうのです。

なぜかというと
ストレスを強く感じると人の免疫機能をはじめとした
各器官の働きはとても悪くなってしまうのです。

そのため、皮膚に異常がでやすくなってしまいます。

具体的な例を出せば、
ストレスによって、過剰に汗が分泌されてしまえば
脂漏性皮膚炎ができてしまう、といったように

ストレスが原因となって湿疹は起きてしまいます。

現代社会に生きている以上
ストレスは避けては通れないですが

できるだけ自宅でリラックスしたりするなど
気分転換を行って
ストレスを溜め込み過ぎないようにすることが大事です。

 

顔や手に出るかゆみ対策

もし、顔や手にかゆみが出てしまった時の対策としては
まずは病院に行ってかゆみ止めの薬を貰う事です。

そして
症状の根本的な原因が何かを調べることも重要です。

アレルギーによる湿疹の場合には
何がアレルゲン(原因)と なっているのかを調べて
そのものからできるだけ接触しないようにして
湿疹の根本的な解決を目指します。

手の湿疹の場合には
氷水などで患部を冷やすのが効果的です。

冷やすことによって炎症を抑えることができ
結果、かゆみを抑えることができます。

顔に湿疹が現れてしまった際には
ステロイド薬を使用して治療をしていくのが 一般的ですが、
注意点があります。

顔の皮膚は他の皮膚と比べると薄いため
強いステロイド薬を使用してしまうと
副作用により症状がもっと悪化してしまう可能性があります。

なので、
ステロイド薬を使用する場合には
できるだけ弱い物から使用していき様子を見ていきましょう。

もし、
寝てる間に勝手に患部をいじってしまうようでしたら
手袋をつけて寝るのもおすすめです。
(寝づらいかもしれませんがそこは我慢です・・)

湿疹ができて、
かゆいからといってかいてしまえば
症状はますます悪化していってしまいます。

なので、
かゆみ止めなどを使用しつつ
根本的な原因と突き止めるのが
湿疹を治す最前の道となります。

ツボ押しによるアトピーの治し方があるようです。
【自分のアトピーの治し方】

ツボ押しで
自分で少しでも治すことができるのであれば
金銭的にも良いですね^^

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)