チョコレートの溶かし方は簡単にできる!この方法で美味しく作る!

お菓子作りの際に
チョコレートを溶かす作業
が必要な場合があります。

このチョコレートを溶かす作業、
どのような方法で行えば簡単に出来るのでしょうか?

せっかく作るのであれば、
美味しく作りたいと考えている人も多いのではないかと思いますので、
今回はチョコレートの上手な溶かし方について説明していきたいと思います。

SPONSORED LINK

チョコレートを溶かすには

ダークチョコ
チョコレートを溶かす上で
大事になるのは温度です。

これは当然、
多くの人が知っているかと思いますが、
ゆっくりと熱をかけてあげることによって
綺麗に溶かすことが出来ます。

逆に一気に熱をかけてしまうと
チョコレートが変質してしまう可能性があるので注意です。

ゆっくり熱をかけて溶かすことで、
しっとりなめらかなチョコレートを作ることが出来ます。

 

チョコの溶かし方は?

ホワイトチョコ
チョコレートの溶かし方として有名な方法は、
湯せんになります。

これは
チョコレートをお湯の熱で溶かすという方法です。

まずは次の動画をご覧ください。

【湯煎でチョコを溶かす】

まさに
チョコレートを湯せんで溶かしている動画になりますが、
鍋にお湯を張り、
ボールにチョコレートを入れます。

この動画では
牛乳らしきものを一緒に入れていますが、
そのボールを鍋に張ってあるお湯につけます。

つまり、
ボールごしにお湯で温めるということになります。

お湯で温めては一度離してかき混ぜます。

オーソドックスではありますが
そうすることで綺麗にチョコレートを溶かすことが出来ます。

フライパンやドライヤーでも

ナッツ入りチョコ
チョコレートを溶かす方法は
フライパンやドライヤーでも簡単に出来ます。

ただし、
フライパンで直接熱をかけるというのであれば、
熱のかけ過ぎには注意です。

火ではあっという間にこげてしまうので、
冷えたフライパンにチョコレートを乗せて、
ちょっと火をあてるぐらいで十分に溶けてくれます。

ドライヤーの場合は、
直接温風を当てることによってチョコレートを溶かすことが出来ます。

その際、
しっかりとかき混ぜて上げて、
チョコレートの溶け方にムラが残らないようにするのがポイントになります。

 

チョコレートの美味しい温度は?

By: t-mizo

チョコレートを美味しく食べることが出来る
温度というのがあります。

それは下記ぐらいだと言われています。

 チョコレート:18~25℃

 生チョコレート:15~18℃

おおよそこれぐらいの温度で食べることで、
口どけなめらかで美味しい食べ方が出来ます。

しかし、
美味しい温度というのは、
個人差があるのも確かなので、

冷蔵庫で冷え冷えにしたものが美味しい
という人もいるのは間違いないですね。

私は確実に凍らせた方が好きです。うん。笑

自分でベストな温度を探してみるのも良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)