メラミンスポンジで歯磨きはダメ!危険すぎる理由とは。激落ち君のこと

掃除の際に大活躍してくれるメラニンスポンジですが、
歯磨きに使用してはダメです。

磨くとピカピカになるという理由から
メラニンスポンジで歯を磨くという人もいるようですが、
危険なので止めたほうが良いです。

では、
どうしてダメか?

今回はこのあたりについて説明していきたいと思います。

メラニンスポンジの代表でもある
激落ち君なども併せて紹介します。

SPONSORED LINK

メラニンスポンジとは?

スーパーやドラッグストアなどで売られている激落ち君
これがメラニンスポンジになります。

水をつけて汚れをこするだけで
綺麗に落とすことが出来る掃除アイテムとして
非常に重宝されています。

様々な汚れを落とすことが出来る万能なものですが、
最近はクエン酸がプラスされたものなど、
激落ち君にも様々なバリエーションが登場しています。

このメラニンスポンジは、
簡単に説明するとメラミン樹脂を発泡させたもので、
非常に硬度の高い骨格構造をしています。

細かい無数の網の目で汚れを落とすことが出来るのです。

 

歯磨きには使ってはダメ。それ以外は?

メラニンスポンジ?

まずは、
この動画をご覧ください。

【家庭で簡単に歯を白く激安ホワイトニング】

メラニンスポンジで歯を磨き、
ホワイトニングにしていますが、危険です。

動画では
確かに歯についた汚れが落ちています。

一見すると非常に綺麗になったように見えますよね。

しかし、
同時に歯を守るエナメル質も落としてしまっている
可能性があるのです。

メラニンスポンジはあくまで研磨剤ですので、
汚れと一緒に
歯の表面を削ってしまっている可能性があることを忘れてはいけません。

エナメル質の役割は
歯に対する様々な外部刺激から歯髄を守るということ。

その大事な役割を無くしてしまうと
直接ダイレクトに歯に負担が大きくのしかかります。

また、
メラニンスポンジが他にも使えない場所がいくつかあります。

 ・人の身体
 ・トイレなどの樹脂素材
 ・ワックスのかかった場所
 ・車のボディ

これらに使うと
メラニンスポンジの研磨効果によって表面が痛んでしまうことになります。

そのため、
メラニンスポンジで汚れを落とすのは避けたほうが良いのです。

 

まとめ

掃除はラクをしない?

メラニンスポンジの使用箇所には注意しましょう。

特に人体は、歯に使用は禁物です。

他の物であれば、
痛んでしまって悲しい程度で済みますが、
人の身体などは赤くなったりします。

そういったことにならないように、
間違っても人の身体をメラニンスポンジでこすってはいけません。

しっかりと使用箇所さえ見極めれば、
水だけで頑固な汚れを落とすことが出来ますので、
非常に便利な掃除グッズだと言えるかと思います。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)