コレステロールを下げるにはどうしたらいい?善玉と悪玉の違い

健康診断で診断されるコレステロールですが、
高いと病気の原因になるなど
様々な障害を引き起こす可能性があるものです。

では、
コレステロールが高いと診断された場合、
下げるためにはどういったことをするのが良いのでしょうか?

今回は
コレステロールを下げるための方法について
説明していきたいと思います。

SPONSORED LINK

コレステロールとは?

コレステロールの正体

コレステロールというのは、
人が生きていくために必要不可欠な要素です。

どうしても悪ものというイメージがついていってしまっていますが、
役割としては
細胞膜を生成するのに必要な要素となります。

このコレステロールは、
善玉と悪玉の2種類に分かれます。

それぞれの役割を見てみますと
下記のようになります。

 ・善玉:身体の中で余ったコレステロールを運び出す役割
 ・悪玉:身体の各所に必要なコレステロールを運ぶ役割

役割だけ見ると
善玉も悪玉も必要なことに思えるかと思います。

実際、
悪玉コレステロールも身体には必要なものなのです。

しかし、
コレステロールが過剰な場合、
血管にへばりついてしまい動脈硬化などの原因となるため、
悪玉と呼ばれています。

逆に善玉は
運び出してくれるために善玉と呼ばれています。

しかし、
大事なのは悪玉だからと言って
身体にまったく必要ないということではないということなのです。

 

コレステロールが高いと

コレステロールが高いとダメ?

健康診断でコレステロールの値は
善玉、悪玉とそれぞれの数値が得られます。

その数値の中で
悪玉コレステロールの値が高い場合、
コレステロールが過剰に存在するということになります。

そのため、
身体の各所に過剰にコレステロールが運び込まれている状態であり、
動脈硬化などを引き起こしやすい状態になっていると判断出来ます。

ただし、
悪玉のコレステロール値が高いからと言って
すぐにそうなるわけではなく、
あくまで危険性があるということになります。

また、
最近は次のようなことも言われているようです。

【悪玉、LDLコレステロール値の嘘!基準値よりも高くても低くても体に悪い根拠とは?】

コレステロールについて
学会などで言われている話ですが、
そもそも健康診断などの基準というのが
正しいかどうかが分からないということです。

そして、
そこにはお金が絡んでいるなどというような話があります。

最近、
健康診断での基準が変更されましたが、
今後も新たな説や研究が進むことによって
このコレステロールの基準は
変更になる可能性があるかもしれません。

しかし、
動画にあるようにお金が絡んで来ていて、
基準が決められているというのは
何が正しいか分からなくなるため避けて欲しいですよね。

 

コレステロールを下げるためには

動脈硬化などの原因になるコレステロールですが、
その値を下げることはもちろん可能です。

 ・コレステロールを摂取しない
 ・コレステロールを体外に排出する

基本的にはこの2本柱で考えます。

摂取せずに体外に排出する。

ダイエットと同じ考え方です。

コレステロールを体外に排出する食品としては、
大豆や青魚、アボガドなど様々な食品がありますので、
それらをバランス良く取ることで
コレステロールを下げることが出来ます。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)