さつまいもの保存方法と保存期間。冷凍保存で美味しく食べれる?

さつまいもは
収穫の時期になるとたくさん取れますが、
一度にすべて料理して使い、
食べるのは難しいものです。

そこで、
保存することになるかと思いますが、
保存方法や保存期間はどの程度のものなのでしょうか?

今回は
保存方法や保存期間について調査してみました。

冷凍保存の場合、
美味しく食べることが出来るかも説明したいと考えています。

SPONSORED LINK

さつまいもとってそもそも?

さつまのいも
さつまいもは
学術的にはヒルガオ科サツマイモ属の植物となります。

仲間はアサガオと言うのだから
驚く人もいるのではないでしょうか。

このさつまいもには特徴がいくつかありますが、
何と言っても繁殖能力が高く、 痩せた土地でも育つために
栽培初心者にオススメとなっています。

江戸時代の頃から
飢餓対策として広く栽培されていますが、
熱を通すとホクホクと甘みが出るのも特徴であり、
多くの人に愛されています。

 

さつまいも保存方法

保存してるサツマイモ
さつまいもを保存する際に
気を付けることがあります。

それは、『乾燥させる』ということです。

水分があるまま保存すると
痛みやすくなってしまうからです。

そのため、
保存する場合は、
まずは風通しの良いところに数日、放置しておく必要があります。

全体の大まかな手順としては以下の通りです。

 ・痛んださつまいもを除く
 ・風通しの良いところで乾燥させる
 ・新聞紙で包む
 ・段ボール等に入れて保存

保存場所の環境としては、
温度が14℃程度で、
湿度が80%ぐらいのところがオススメです。

また、
保存方法として次のような保存方法もあります。

【サツマイモ貯蔵】

穴を掘って、保存室を作り
さつまいもを保存しています。

穴の中は環境の変化が少ないために、
保存箇所としては適しています。

藁(わら)などを敷いて整えてあげる必要がありますが、
さつまいも以外の食材にも使える保存方法です。

しかし、
一般の家庭ではなかなか難しいかもしれません…。

 

冷凍保存は出来る?

By: t-mizo

さつまいもは冷凍保存も可能です。

オススメの冷凍保存の仕方は
良く水洗いしてどろを落とした後、
輪切りにして保存する方法です。

たった、これだけですので、
保存するのにほとんど手間は必要ないと言えます。

また、
解凍する時は冷凍のまま使うことも出来ますし、
電子レンジでチンすることで使えるようになります。

保存の際は
ジップロックに入れておけば問題ありませんので、
手軽な保存方法と言えます。

 

保存期間はどのくらい?

保存期間は条件にもよりますが、
1カ月は問題ありません。

しっかりと条件を整えて上げることで、
数か月は十分に持ちます。

温度変化、特に寒さにあまり強くないために、
新聞紙などで
しっかりとくるんであげることが環境を整えるコツです。

さつまいもの状態が悪くなった場合、
酸味や異臭などがしますので、
不安な場合は
しっかりと確認してから食べるようにすると安心です。

まとめ

さつまいもは保存方法がいくつかあります。

どの方法でも美味しく食べることが出来ますし、
難しくありません。

しかし、
保存が出来るからと言って放置してしまうのは危険です。

食中毒の恐れなどもありますので、
保存してあるさつまいもは早めに食べるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)