胃潰瘍とストレスの関係は?初期症状どんな痛みが起こる?

胃潰瘍とストレスの関係というのは
どういったものになるのでしょうか?

また、
ストレスによる胃潰瘍になった場合、
初期症状としては
どのような痛みというのが発生するのでしょうか?

今回は胃潰瘍とストレスの関係や、
その際の初期症状の痛みなどについて
説明していきたいと思います。

SPONSORED LINK

ストレスが原因の胃潰瘍

ストレスと胃潰瘍
胃潰瘍の中には
慢性的な胃潰瘍と急性の胃潰瘍というのがあります。

特にストレスが原因の場合、
急性の胃潰瘍になる場合があります。

そもそも胃潰瘍になる原因というのは、
下記のような理由があります。

 ・胃酸の出過ぎ
 ・粘液の不足
 ・バランスが崩れたため
 ・ピロリ菌の関与

これらの原因により、
胃酸によって胃が傷つけられることとなってしまい、
胃潰瘍ということになります。

そして、
特に胃酸の出過ぎや
粘液の不足などのバランスの乱れという原因を
引き起こすのがストレスということになります。

その他の原因については、
次の動画をご覧ください。

【NSAIDs胃潰瘍】

いわゆる痛み止めなどの消炎剤が原因
胃潰瘍になるケースの解説となります。

痛み止めを普段から常用している方も少なくないかと思いますが、
これが胃潰瘍の原因になるのです。

動画の中で消炎剤も服用せず、
ピロリ菌もいない場合の胃潰瘍になる可能性を
1にした際の紹介がありますが、
消炎剤かピロリ菌、どちらか一方で16倍、
どちらも該当していると
60倍になるというのは非常に高いと感じますよね。

初期症状は?

胃潰瘍、
特にストレスが原因である急性胃潰瘍の場合には、
いくつかの初期症状が見られます。

 ・胸やけ
 ・食後の胃の痛み
 ・食欲不振

これらが代表的な初期症状となります。

ただ、
これらの症状は正直、
胃潰瘍以外でも日常で感じることがあるものだと思います。

ですので、
これからすぐに胃潰瘍の疑いと思うのは
難しいのではないかなと思いますね。

でも、
頭の中に入れておくだけでも、
気付くスピードというのは、
かなり異なってくるかもしれません。 

 

胃潰瘍の中での違い

胃の構造
胃潰瘍には慢性と急性があると説明しましたが、
原因が大きく違います。

 ・慢性:ピロリ菌、消炎剤
 ・急性:ストレス、酒、タバコ

このように原因も違いますが、
どちらにも該当する人もいそうですね。

また、痛みも異なっています。

 ・慢性:背中の痛みなど
 ・急性:胸やけなど

痛みも大きく違っていますので、
慢性も急性の胃潰瘍について覚えておいたほうが良いでしょう。 

 

予防法は?

ストレスと胃潰瘍
ストレスが原因でなる胃潰瘍の予防法
ストレスをためないことです。

まずは、
これが一番大切なことになります。

また、
胃に大きな負担をかけないことも大切です。

そのためには、
胃に負担のかかるような食事を避けることです。

まったくダメではありませんが、
脂っこい食事を摂った次の日には、
優しい食事を摂るなどしたいですね。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)