飛蚊症はサプリメントで治る!?検査と原因知って対策を考える。

人間が情報を得るための器官で
一番使用しているのは視覚と言われています。

視覚とは
つまり目から情報を得ているという事です。

そのため、目がとても重要ですが

そんな大切な目が
もし病気にかかってしまったら大変なことになってしまいます。

ここで挙げるのは
目の病気の中でも飛蚊症と呼ばれるものです。

飛蚊症は治療法がないと言われることもありますが
本当に治すことは不可能なのでしょうか・・・。

SPONSORED LINK

飛蚊症とは

hibunnsyou

何か物を見るときに
目の前を
小さな浮遊物が飛んでいるように見える症状になってしまうのが
飛蚊症の特徴です。

浮遊物とは
人によって形状が異なり、
糸状であったり、
小粒や丸い輪のようなものなどが見えてしまいます。

自分では見えている浮遊物。
しかしこれは他の人には見えていません。

そのため
症状を理解してもらうのは難しいため、
歯がゆい気持ちになってしまいがちです。

視線を移動しても
浮遊物も一緒に移動して見える為
視界から消えることはありません。

目をこすったりすれば
浮遊物が消えるかもしれないと考えるかもしれませんが、
目をこすっても変化はありません。

むしろ
眼球を傷付けることに繋がるため危険ですので
間違っても目をこすらないように気を付けてください。

ただの飛蚊症であれば
多くの人に現れることがありますが
眼科での検診結果で生理的飛蚊症と診断されてしまうと大変です。

なぜなら、
生理的飛蚊症には治療法がないと言われているからです。

つまり、
視界に浮遊物が見えたまま
生涯を過ごしていかなければいかないのです。

かなりのストレスになってしまいますよね。

しかし、
本当に治療法はないのでしょうか??

 

サプリメントで治った事例

サプリで治療?

治療法がないと言われており、
治らないと言われている飛蚊症ですが、

実は
サプリメントや生活習慣を改善することで
治ったという人がいるのです。

その使用したサプリメントは
ルテインを含むものです。

ルテインは
抗酸化作用が物凄く高いカロテノイドの一種です。

そもそも飛蚊症は
目の中にある硝子体と呼ばれるものが
酸化することによって起きるのですが、

その酸化を防ぐために
一役買ってくれるのがルテインとなります。

使用して治ったという人がいますが
効果がなかったという人がいるのも事実ですので
確実な効果があるとは言えません。

ルテインは体内で合成することができないため
食事かサプリメントで摂取する必要があります。

多く含む食材とては
ほうれん草、ブロッコリー、レタス、キャベツ、 卵黄、かぼちゃ
などがあります。

しかし、
ルテインを摂取するために
毎日同じ食品を食べていると栄養が偏ってしまいます。

そうならないためにも
サプリメントでルテインを摂取するのがおすすめです。

 

飛蚊症の原因と検査方法

検査する病院
飛蚊症になってしまう原因ですが
一般的に言われているのは
硝子体が濁ることによって起こる飛蚊症です。

人は物を見る時には
目から光を入れて網膜に写すことで見ていますが、
光には紫外線が含まれています。

紫外線は有害であります。

紫外線を浴び続けることによって
目の中にあるゼリー質でできた
硝子体という部分に活性酸素ができてしまいます。

この活性酸素というのは厄介なものであり
硝子体の中の組織を変質させてしまうのです。

活性酸素は金属でいうさびです。

つまり硝子体がさびてしまうのです。

そうなった場合、
免疫機能によって
活性酸素が分解されるので大丈夫なのですが

年を取ると免疫機能の能力が落ちてしまい
活性酸素が除去されにくくなります。

そうなると
硝子体がどんどんさびていき、
結果的に飛蚊症となってしまいます。

この飛蚊症には
生理的飛蚊症と呼ばれるものがあります。

通常は老化によって免疫機能が下がり
活性酸素を除去できなくなった結果、
飛蚊症になりますが

生理的飛蚊症の場合は
若いうちから現れてしまう飛蚊症のことを言います。

原因としては
生活習慣が昔と比べると大分変化していることにより
活性酸素をうまく除去することができないからと言われています。

もし、
飛蚊症かもしれないと感じたら
検査をするのがよいでしょう。

飛蚊症の検査方法は
散瞳眼底検査という方法で行います。

目薬をさして瞳孔を開いて
眼球の内部を観察する方法です。

これによって
網膜に孔や裂け目がないかを確認することができます。

目薬をさして瞳孔が開くまで20~40分ほどかかりますが
検査自体は数分で終わることが多いです。

瞳孔が開いているために
明かりに過敏になってしまうことがありますので
車での帰宅はできないため 注意が必要です。

 

飛蚊症の対策

対策とは

飛蚊症の対策としてできることは
まず、活性酸素をため込まないことです。

外出時はサングラスをするなど、
紫外線から目を守りましょう。

普段の生活では
偏りのない食生活を送ることが大切です。

正しい食生活をすることにより
必要な栄養素を体に取り込むことができます。

それが、
活性酸素の除去にも繋がります。

食生活を見直すと言うことは
1週間、1ヶ月とか、短い期間の話ではありません。

いつでも正しい食生活を送れるように
習慣化することこそが
本当の意味での食生活の改善となりますので

長期的なスパンで行っていきましょう。

ただ、
こだわり過ぎてストレスになってしまっては
元も子もありませんので
焦らず、じっくりと行っていくことが大切です!

 

飛蚊症ってこの動画にあるように
こんな見え方にもなるそうです。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)