「寸志」と「賞与」の違いとは。金額の書き方と平均額はどれぐらい?

「寸志」「賞与」というものがありますが、
その違いというのはどういったところにあるのでしょうか?

今回は
その寸志と賞与の違いについて説明していきたいと思います。

また、
金額の書き方であったり、
平均額はどの程度なのかということについても調べてみました。

こちらも併せて紹介していきたいと思います。

SPONSORED LINK

寸志とは?

寸志海外版
寸志というのは、
目上の人から目下の人へと感謝の気持ちを示したものになります。

例えば、
飲み会などで上司の方が楽しんでいらっしゃいということで、
部下に少しばかりのお金を渡す、
これも立派な寸志です。

また、
企業が賞与まではいかないけれど、
少しばかり給与とは別に
ボーナスのようなものを出す際、
寸志として出すケースも多くなっています。

一般的に寸志はどちらかを指すことが多いですが、
賞与ほどではないボーナスが出る時に
よく使われるように思います。 

関連記事:「寸志と志の違いとは?」

 

賞与との違い

ボーナスと賞与
寸志と賞与の明確な違いというのはありません。

どちらも給与とは別
に会社が出すボーナスという意味では、まったく同じです。

しかし、
賞与というのが、
給与の何カ月分というように多いイメージに対して、
寸志は少しばかりというイメージが強くなっています。

そこで
企業があまり額として出せない場合、
賞与としてではなくて、
寸志として支給することが多いのです。

また
一部の人が寸志になるケースというのもあります。

それは
入社したばかりの方、
つまり賞与を貰う条件を満たしていない方の場合、
賞与は出せないけれども、
寸志ぐらいはということで寸志が出されることがあります。

賞与には支給される条件があるので、
これも寸志との違いになります。 

 

金額の書き方

寸志欲しい
寸志として人に渡す場合、
封筒などを用いて渡します。

その際、
金額の書き方ですが、
封筒の裏面、左下に書くのが一般的です。

金額の書き方については、
読める字でしっかりと書けば問題ありませんが、
あまり大きすぎないように注意しましょう。

 

平均額は?

寸志の平均額ですが、
先ほど紹介した動画の中でもありましたが、
数万円~5万円ぐらいというのが相場になっています。

それ以上のケースもありますが、
あくまで賞与ほどではない少しばかりの金額ということになりますので、
それほど金額として多くはありません。

もちろん会社ごとの考え方によりますが、
10万円以上で寸志と呼ぶことは
ほとんどないと考えて間違いないです。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)