水虫がうつる原因とは。お風呂や靴は確率高い?顔や手もうつる?

水虫がうつる原因には
どういったものがあるのでしょうか?

一般的にお風呂であったり、
靴はうつる危険性が高いと言われていますが、
本当にうつる確率というのは高いのでしょうか?

また、
水虫自体は顔であったり、
手だったりにもうつるのでしょうか?

今回は水虫の気になることについて調べてみました。

SPONSORED LINK

水虫の症状と感染について

By: bark

水虫は感染したからといって
すぐに症状が出るわけではなく、
少しずつ進行していき、
気が付いたら、というケースが多いです。

そして、
症状としては下記のようなものがあります。

 ・水ぶくれ
 ・かゆみ
 ・皮がむける

次に動画をご覧ください。

【水虫の症状かどうか動画でチェック】

水虫の症状を紹介している動画になりますが、
特に皮がむけている様子が見てとれます。

足の皮などがボロボロになってしまい
ポロポロと剥がれおちてしまっていますが、
水虫になるとこのような形で皮が剥がれおちます。

また、
水虫は感染力が強く、
家庭で誰かがなれば他の人もなる可能性があります。

同じ屋根の下で生活していると、
どうしても水虫に感染した方から
菌を貰う可能性が増えてしまうので、
注意が必要です。 

関連記事:「爪の水虫の原因はネイル?」

 

うつる原因は?

靴で水虫感染?
水虫はうつる原因は、様々ですが、
お風呂と靴は危険だと言われています。

しかし、
お風呂は同じお風呂に入っても大丈夫です。

では、
どうしてお風呂が危険だと言われるかというと、
バスマットが非常に危険なためです。

バスマットは
水虫がうつりやすい環境が整っており、
菌も繁殖しやすくなっています。

水虫の方が使ったバスマットを使うと、
そのまま足に菌が付着して水虫へということになってしまうのです。

靴もバスマットと同様に
湿度が高く菌が繁殖するには絶好の環境
となっていますので、
水虫の方が履いた靴を履くと、
水虫がうつってしまう可能性というのが高いのです。

ただし、
靴の場合、靴下を必ず履いて靴を履いていたのであれば、
それほど大きな心配をする必要もないと言われています。

 

顔や手にも水虫はあるの?

先ほど紹介した動画の中にはすでにありましたが、
顔や手にも水虫は出来ます。

しかし、
ジメジメしたところが好きなために、
顔や手には比較的、感染しにくいようです。

やはり感染しやすい場所は足が多いようです。

顔や手に水虫が出来る場合は、
他の水虫の患部を触った手で顔に触れたり、
そのままにしたりということで感染するケースがほとんどです。

そのため、
水虫の患部に触った場合、
すぐに手を洗うことを心がけましょう。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)