ライム病の検査と治療法。犬にも発生する病原体とは?

ライム病について調べてみました。

ライム病に感染すると
どういった症状に悩まされることになってしまうのでしょうか?

また、
ライム病の検査方法や治療法というのは
どういったものになるのでしょうか?

今回はライム病についていろいろと調べてみています。

また、
犬にも病原体が発生すると言われていますが、
これはどういったことになるのでしょうか?

そこについても調べてみました。

SPONSORED LINK

ライム病って?

ライム病のダニ
ライム病というのは、
野生のマダニを介する感染症になります。

ライム病を引き起こす病原体がボレリアと言いますが、
この病原体のボレリアが
マダニに咬着されることで移されることになります。

ライム病に感染するとどのような症状が出るかというと…

 ・関節炎
 ・良性リンパ球腫
 ・心筋炎

こういった症状が出ることが分かっています。

次は動画をご覧ください。

【マジ怖なライム病とその治療法A・ラヴィーンもな!観覧注意!】

ライム病の感染経路や治療法が紹介されている動画になります。

動画の中でも
マダニを介して感染することが紹介されていますが、
1970年代以降、
アメリカの北西部を中心に流行が続いている感染でもあります。

小鳥などを保菌動物として、
人獣共通の細菌による感染症になりますが、
19世紀後半から欧州で報告されていたようです。 

 

検査方法について

検査方法
ライム病の検査方法としては
血液検査が主な方法となります。

ライム病の症状は様々ありますが、
ライム病特有のものではないために診断が難しくもあります。

ただし、
原因不明の関節炎の場合、
ライム関節炎を考えるべきだという意見もあり、
この辺りはお医者さん次第ということになります。

また、
血液検査以外には、
滑膜液での検査方法というのもありますが、
こちらは検査が難しく
信頼性の高い結果を出すのは難しい方法となっています。

 

治療はどういった方法?

治療
治療は薬剤による投与により治療します。

ライム病というのは、
細菌の感染症ということになりますので、
抗生剤の使用で十分に治療が可能です。

これで
ライム病患者の8割の方が治療することが出来ます。

ただし、
残りの方々については、
抗生剤での治療が無効となるので、
リウマチの治療が必要になってくるケースがあります。

 

犬にも発生するの?

犬にも感染
ライム病ですが、
犬にも感染することが分かっています。

ただし、
ほとんどの場合、
感染したとしても症状が示すことはありません。

全体の5%程度だと言われていますので、
ほぼないと考えて間違いありません。

また、症状が表れる場合、
関節炎として出てくることが多いようですので、
足を引きずるようなそぶりを見せた時などは
獣医さんに診てもらうと良いです。 

 

予防はどのようにすれば?

マダニに刺されないのが一番の予防ですが、
マダニに刺されないようにするには、
マダニの生息地付近で生活している人には難しいことです。

また、やっかいなことに
マダニには刺されても無痛ですので、
気付きにくくなっています。

しかし、
マダニに刺されたからと言って、
すぐにライム病を発症するわけではありませんので、
刺されていないかチェックして、
刺されていれば
抜いてあげることが予防法の1つとしては効果的です。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)