爪の水虫の症状は?原因は何?手にもできる感染力とは

爪の水虫【爪白癬 (つめはくせん)】の症状には
どういったものがあるのでしょうか?

また、
爪の水虫になる原因とは何でしょうか?

今回はこのあたりのことについて調べてきました。

そのほかにも
手にも出来てしまうのかということであったり、
治療法や予防法についても調べてきていますので、
それらについて紹介していきたいと思います。

SPONSORED LINK

爪水虫の症状とは?

爪の水虫
爪水虫
の症状は

通常の水虫の症状とは少し異なります。

通常の水虫は足の裏や指の間に出来ることが多く
症状は以下のようなものとなります。

 ・皮膚がボロボロになる
 ・かゆくなる

これに対して、
爪水虫の症状は下記のようなものとなります。

 ・爪が白っぽくなる
 ・爪がボロボロになる
 ・爪が厚くなる

通常の水虫とは違って
かゆみなどはほとんどありませんので、
自覚症状が薄いことも少なくありません。

しかし、
場合によっては靴が履きにくくなるほど
爪が厚くなることもあります。

また、
変形により痛みが出てしまう場合もあります。

次の動画をご覧ください。

【やさしく学ぶ-皮膚の病気 爪白癬】

爪水虫について解説してある動画です。

原因から治療方法まで紹介してありますが、
やはり症状は
爪が白っぽくなり厚くなると紹介されています。

動画の中で紹介されている部分で大切なことは、
感染力が強いために、他人に移してしまうことや、
自分の他の部位に移ってしまう可能性があるということです。

感染を広げないためにも、
爪に兆候が表れた場合、
すぐに治療したほうが良いでしょう。

 

爪水虫の原因は?

爪水虫の原因
爪水虫の原因ですが、
水虫の原因と同じです。

水虫は白癬菌という菌に皮膚が感染することによって
引き起こされることになりますが、
爪水虫はその白癬菌が爪の中に入り込むことで発症します。

多くの場合、
すでに足が水虫になっており、
そこから菌が移ることで爪水虫にかかるケースが多いです。

そのために
水虫を放っておいて爪水虫も発症という流れになります。

逆を言えば、
水虫になってもすぐに治療すれば、
爪水虫には発展しにくいのです。 

 

手にも出来る?

手にもできる?
爪水虫ですが、手にも出来ます。

手の爪にも
足の爪に出来るのと同様な爪水虫が出来ますので
注意が必要です。

しかし、
足に比べれば
爪に発症することというのはほとんど稀だと言って良いです。

これは
白癬菌が高温多湿の場所を好むためで、
足は靴などを履いてムレていることも多いですが、
手は外に露出していて乾燥していることが多いためです。

しっかりと手洗いを行っていれば、
それほど怖いものではありません。

 

治療法と予防法

By: Pink Sherbet Photography

爪水虫の治療法ですが、
飲み薬により治療法が一般的です。

水虫は塗り薬によって治療することが多いですが、
爪水虫の場合は、
爪があり薬が届かないために飲み薬で対応します。

また、
予防法は高温多湿の環境を作らないことです。

白癬菌は
高温多湿の場所で増殖しますので、
出来るだけそういった環境を作らず、
足を清潔に保つことが最大の予防法となります。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)