心筋梗塞の原因はストレスや飲酒?若い人でも過労で侵されるのか

心筋梗塞の原因というのは、
ストレスや飲酒にあるのでしょうか?

直接的な原因は
どのようなものになるのか調べてみましたので、
ご紹介致します。

また、
心筋梗塞は若い人でも
過労などによって侵されてしまうものなのでしょうか?

この点についてもあわせて紹介致します。

SPONSORED LINK

心筋梗塞の症状は?

心筋梗塞
心筋梗塞の症状についてですが、
下記のようなものがあげられます。

 ・激しい胸の痛み
 ・呼吸困難
 ・吐き気
 ・冷や汗

これらはすべて心筋梗塞に関する症状ということになります。

また、
次の動画をご覧ください。

【心筋梗塞】

動画の中でも
心筋梗塞の症状について解説されていますが、
上で紹介したもの以外にも
少し胸が重いや息苦しい程度など軽い症状のケースもあります。

心筋梗塞は
朝から午前中にかけて発症しやすいです。

動画の中の解説によれば、
血圧が変動しやすく、
睡眠中に水分が不足するケースが多いからのようですが、

朝型から午前中の間で、
症状が確認された方は心筋梗塞の疑いが必要だということになります。

関連記事:「心筋梗塞の前兆ってどんな症状?」

原因は?

心筋梗塞の原因
心筋梗塞の原因ですが、
様々ありますので紹介します。

 ・高血圧
 ・コレステロール値が高い
 ・運動不足
 ・糖尿病
 ・ストレス過多

これらが代表的な心筋梗塞の原因ですが、
特にストレスは大きな要因となります。

コレステロールの値もストレスがスタートとなり、
上昇しやすくなることもありますので、

ストレスを解消することが予防の第一歩と言えるかもしれません。

また、
飲酒との関係ですが、
実は飲酒は適量であれば
心筋梗塞の予防には効果的であることが分かっています。

ストレス解消のために飲酒をする方もいますが、
心筋梗塞予防ということを考えれば、
実に合理的な方法になるのです。

しかし、
飲み過ぎなどは
他の病気に発展する可能性が十分にありますので、
その点だけは注意が必要ということになります。 

 

若くても発症する?

心筋梗塞は
若くても発症するケースが増えています。

芸能人でも若くして心筋梗塞を発症した方もいますが、
やはりストレスなどによって
低年齢化が進んでいるのは間違いないようです。

また、
昔に比べて
食生活の変化というのも大きな要因の1つになっています。

ストレスを溜めず、
コレステロール値が高くならないような
健康的な食生活が予防のためには大切です。 

 

まとめ

心臓の図

心筋梗塞は
今や誰にでも発症する可能性があります。

それはストレスなどが原因であり、
食生活の変化というのも大きく関係しています。

適度な飲酒は
心筋梗塞の予防としては効果的であることが認められていますので、
ストレス解消につながる方にとっては良い方法だと言えます。

ただし、くれぐれも飲み過ぎには注意したいものです。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)