子宮頸がん予防ワクチンの副作用とは?その症状と確率は?不妊になる?

子宮頸がんの予防を行うためのワクチンには
どういった副作用があるのでしょうか?

薬にはそれぞれ副作用があるとされていますが、
子宮頸がんの予防ワクチンはどういったものなのか?

その症状が出る確率というのを調べたいと思います。

また、
ワクチンを打った後に不妊になるのかどうかも説明したいと思います。

SPONSORED LINK

子宮頸がんワクチンとは

子宮頸がんワクチン
子宮頸がんワクチンというのは、
子宮頸がんを予防するためのワクチンになります。

インフルエンザの予防接種などがありますが、
それの子宮頸がん用のワクチンということになります。

そもそも子宮頸がんの原因はウイルスであり、
ウイルスに感染することによって子宮頸がんを発症します。

そこで、
事前に身体にウイルスを入れて
抵抗力をつけることで子宮頸がんを防ごうというのが目的です。

子宮頸がんワクチンには、
大きく分けてガーダシルサーバリックスがありますが、
日本ではサーバリックスのみが認められています。

予防効果がどの程度かなど
分からないことがまだまだたくさんあるまま使用されています。 

関連記事:「子宮頸がんの初期症状とは」

 

副作用について

ワクチン接種副作用
子宮頸がんワクチンが大きな話題になるのは、
その副作用による影響からです。

次の動画をご覧ください。

【「子宮頸がんワクチン」“副作用”被害】

子宮頸がんワクチンを摂取して、
副作用が出たことで国に保証を訴える抗議デモの様子です。

子宮頸がんのワクチンについては、
こういったデモが行われるほど大きな問題になっています。

動画の中で主張している中学生の女性は車イスに乗っていますが、
子宮頸がんのワクチンを摂取したことによって、
運動障害が残るような重篤なケースというのも確認されているのです。

そして、
そういった重篤な副作用が出る確率というのは、
0.03%程度とも言われており、
3000人受けると1人の割合で出る計算です。

症状としては、
発熱や嘔吐、めまいに痙攣、血圧低下、失神、
呼吸停止、運動障害、 多発性硬化症
など多岐に渡っています。 

 

不妊になるの?

子宮頸がんワクチンについては、
副反応など怖いイメージがあるという人も多いと思います。

そして、
不妊になると考えている人も少なくありません。

しかし、実際のところ
子宮頸がんワクチンを接種した後でも、
妊娠して無事に出産した人がいるのも事実です。

その一方で、
不妊になってしまった人がいるのも事実です。

ただし、
日本産婦人科学会は
子宮頸がんワクチン接種で不妊になることはない
という見解を出しています。

この辺りは摂取する前に
お医者さんとよくよく相談するのが良いでしょう。

関連記事:「子宮頸がんはステージに分かれている」

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)