チムニーの株主優待で食事を楽しむ!ランチが食べられるお店とは

チムニーの株主優待では
食事を楽しむことが出来るチケットが貰えます。

このチケットを使えば、
お得に食事をすることが出来ますが、
どこで使うことが出来るのかは気になるところです。

また、
ランチとディナーでは
使えるお店は違ってくるなどの条件はあるのでしょうか?

今回はそういったチムニーの株主優待について、
色々と調べてみました。

SPONSORED LINK

チムニーについて

チムニーという会社がどういった会社かというと、

居酒屋などを運営している会社ということになります。

代表的なお店で言うと
「はなの舞」「さかなや同情」
といったお店は非常に有名で、
連日、多くのお客さんで賑わっています。

チムニーの運営するお店の特徴としては、
店舗ごとに店長に与えられた裁量権が非常に大きく、
店舗ごとにオリジナルメニューがあることです。

そのために
同じ「はなの舞」だとしても、
場所によって頼めるメニューが少し違うというような楽しみ方が出来ます。

【海鮮居酒屋 はなの舞】

動画は
はなの舞について紹介したものとなります。

綺麗な店舗で
いけすで魚が泳いでいたり、
座席は半個室になっています。

また、
ファミリールームのようなものもありますので、
大人数でもワイワイ楽しむことが出来ます。

店内の作りも非常に雰囲気が出ていてオシャレですので、
ただ飲んで食べているだけでも十分に楽しめるお店だと思います。 

 

チムニーの株主優待は?

刺身が良い
チムニーの株主優待ですが、
保有株数によって下記のように内容が変わります。

 ・100株以上で499株まで
  お食事御優待券500円券を10枚、
  もしくはオリジナル商品

 ・500株以上
  お食事券500円券を30枚、
  もしくはオリジナル商品

オリジナル商品については、
干物セットなどから選ぶことが出来るようになっています。

また、
お食事御優待券、お食事券については、
食事の際に使うことが出来るチケットとなっています。

優待券のほうが、一度に使える枚数に制限がありますが、
お食事券のほうが特に制限というのは設けられていません。 

 

どこのお店で使えるのか?

チムニーお店

株主優待で貰えることが出来る券については、
チムニーの運営するお店であればどこでも使うことが出来ます。

また、
ディナー、ランチ問わず使うことが出来るので、
お昼をチムニーのお店で済ませているという人にとっても
嬉しい優待になるかと思います。

例え500円券であっても、
ランチであれば十分にお得に使うことが出来るかと思います。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)