マスクでメガネが曇る理由。防ぐ方法はマスクを折る?ティッシュを使う?

マスクをしていると
メガネが曇ることはよくあることだと思います。

メガネとマスクあるあるとでも言えるのではないでしょうか。

しかし、
どうしてマスクでメガネが曇るのでしょうか?

また、
それを防ぐためにはどのような方法があるのでしょうか?

今回はそういったことについて調べてきました。

SPONSORED LINK

マスクを使う場面

メガネ

マスクを使う場面ですが、
風邪の時や花粉症の時など様々ありますが、
やはり予防で使う場面が多いと思います。

そして、
季節としては冬が使う場面としては多い季節です。

この冬というのは、
後ほど説明しますが、マスクが曇る理由とも密接に関わってきます。

冬は風邪の予防のためにマスクを使う人が多いので、
マスクでメガネが曇ることに悩まされる人も増えるのです。

 

マスクでメガネが曇るのは?

マスクでメガネが曇るのは、
水蒸気に秘密があります。

先ほど、
冬にマスクでメガネが曇りやすくなると言いましたが、
マスクから漏れた息がメガネにかかると冷やされ、
息の中に含まれる水蒸気がメガネに付着するのです。

この水蒸気でメガネが曇ることになります。

息が温かいのですが、
メガネは冷たい、
この温度差もポイントです。

メガネが冷やされていればいるほど、
曇りやすくなります。

これが冬が密接に関わっている理由になります。

こういった仕組みでマスクでメガネは曇ってしまうのです。 

 

防ぐ方法は?

サングラスも曇る

マスクでメガネを曇らないようにするためには、
マスクから息が漏れなければ良いのです。

そのために方法として2種類紹介します。

 ・マスクの上部を折り曲げる方法
 ・ティッシュを挟む方法

マスクを折り曲げる方法ですが、
これは次の動画をご覧ください。

【マスクをしてもメガネが曇らない裏技】

マスクの上部を折り曲げて、
マスクをするだけで簡単に出来ます。

動画の中でも解説されていますが、
上部が二重となるために、
息が漏れにくく曇りが軽くなります。

マスク全体の長さが
折り曲げた分だけ短くなってしまいますので、
初めからマスクは大きめのものを準備しておくと良いです。

 

これに対して、
ティッシュを挟む方法というのは、
マスク上部と肌の間にティッシュを挟む方法です。

通常は存在している隙間をティッシュで埋めることになるため、
こちらも息が漏れにくく、曇りが軽くなります。

まとめ

まとめ

メガネがマスクで曇るのは、
マスクから漏れた息が原因です。

そのため、
防ぐには息の漏れを防いで上げることが大切です。

そのための方法としては、
ティッシュや折り曲げる方法があります。

また、最近ではそれ専用のマスクというのも販売されています。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)