ジェットスキー免許の費用と維持費。怖い事故の事例。

ジェットスキー免許を取得するためには、
費用はどのくらいかかるのでしょうか?

また、ジェットスキーを購入したとして、
その購入金額だったり、
維持費っていうのはどの程度かかるのでしょうか?

今回は
ジェットスキーで遊ぶために必要なことを色々と調べてみました。

怖い事故の事例なんていうのも調べています。

SPONSORED LINK

ジェットスキー免許とは

水上のバイクとも言えるジェットスキーですが、
乗るためには免許が必要です。

その免許というのが
ジェットスキー免許になります。

免許があって、
上達すればこういうことも出来るようになる乗り物です。

【ジェットスキー ハイジャンプ】

波に向かってスピードを上げ、
波を利用して高く飛んでいるのが分かるでしょうか?

飛んだ後の着地や、
突入する速度など気をつけなければいけないことはたくさんありますが、
ああやって高く飛べたらきっと楽しいのではないかと思いますよね。

 

費用はいくらぐらい?

ジェットスキー免許を取得するための費用ですが、
4万円~6万円ぐらいがおおよその相場ということになるようです。

同じスクールで受講するにしても
コースによって費用は変わってきます。

また、
スクールごとに様々なサービスを行っており、
ペアで参加すると安くなるようなものもありますので、

自分が一番お得に受講出来るスクールを
選択すると良いかと思います。

免許自体は
1日か2日程度で取得することが出来ますし、
難易度もそれほど難しいものではありませんので、
お金をしっかりと準備して受講すれば
ほとんどの人が取得出来る免許となります。

 

維持費について

By: ToNG!?

ジェットスキーの維持費ですが、
遊び方やメンテナンスをどうするかによって変わってきます。

そういったことを抜きで、
概算で算出すると10万円以上はかかるのは相場のようです。

もちろんメンテナンスが自分で出来るのであれば、
自分で行ったほうが安く済むのは間違いありません。

後は
取り扱いなどでいかに抑えられるかということになるのだと思います。 

 

ジェットスキーの事故

ジェットスキーの事故

楽しいジェットスキーですが、
一歩間違えば怖い事故というのも十分に起きる可能性があります。

具体的には「内臓破裂」という事故が起きる可能性があるのです。

ジェットスキーに乗り、
走り始めの加速で振り落とされ、
ジェット推進装置からの拭きだした水がお尻から体内に入るなどして、
内臓破裂して死亡してしまったという事故は有名です。

それ以外にも、
振り落とされた際に水面に叩きつけられた衝撃によって、
打撲のようになってしまった事例もあります。

水の上を高速で走ることが出来るジェットスキーですが、
このような事故も後を絶たないために、
乗る際には非常に注意する必要があります。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)