ヘバーデン結節の治療と予防。漢方薬で改善?ブシャール結節と違いは。

ヘバーデン結節(けっせつ)の治療や予防には
どのような方法が効果的となるのでしょうか?

今回は
ヘバーデン結節について調べてみたいと思います。

漢方薬での改善が効果的だと言いますが、
どういった漢方が効果的となるのでしょうか?

また、
ブシャール結節との違いについても調べてみたいと思います。

SPONSORED LINK

ヘバーデン結節とは?

ヘバーデン結節
ヘバーデン結節については、
まずはこちらの動画をご覧ください。

【ヘバーデン結節】

ヘバーデン結節というのは、
手の第一関節部分が変形し、
骨の出っ張りであったり、
痛みが伴う時に診断される病気です。

動画にもありますが、
痛みが伴うために、
強く握るなども困難となり、
また手の操作においても障害が伴います。

主に40代以降の方がかかりやすく、
男性よりも女性のほうがなりやすいです。 

 

治療方法は?

ヘバーデン結節の治療
ヘバーデン結節の治療方法は主に2つに分けられます。

 ・保存療法
 ・手術療法

保存方法は外科的な手段を用いず、
それ以外の方法での治療となります。

具体的には、
飲み薬であったり、テーピングなどの治療となります。

それに対して、手術療法は、
問題のある個所にメスを入れるなどして、
原因となっているところにダイレクトに治療を行う方法となります。

治療は、保存療法を試してみて、
それでも痛みが取れない場合、
手術療法に踏み切るケースが多くなっています。

 

漢方薬について

ヘバーデン結節の対処方法として、
漢方薬が用いられます。

漢方薬は直接的に改善するものではなくて、
どちらかと言えば、痛みを軽減するためのものとなっています。

この漢方薬によって、
日常の生活が非常に楽になったという方はたくさんいます。

また、
漢方薬は自然由来のものを組み合わせたものなので、
病院の薬を飲み続けることに不安を覚える人は、
漢方薬を積極的に取り入れているケースもあります。 

 

ブシャール結節との違い?

違いは何?
手の指に出る病気として、
ヘバーデン結節以外に、ブシャール結節というものがあります。

この2つの違いは何かというと、
症状が出る場所が異なります。

ヘバーデン結節については、
第一関節に症状が出るのに対して、

ブシャール結節については第二関節に症状が出ます。

症状としてはどちらも違いはなく、
痛みによる運動制限や指の変形となります。

人によっては、
どちらも同時に出ることもあります。 

 

リウマチとの違い

ヘバーデン結節により指に痛みが生じてくると、
リウマチと考えてしまう人も少なくありません。

リウマチも症状としては、
痛みやだるさなどがあります。

しかし、
ヘバーデン結節とリウマチとの違いは、
症状が出る場所に決定的な違いがあります。

ヘバーデン結節は手の指の第一関節にしか出ません。

しかし、リウマチは全身に症状が出ます。

ここに大きな違いというのがありますので、
リウマチと考える場合、
症状がどこに出ているかを見直してみると良いかと思います。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)