夜の鼻づまりの原因とは?解消法を教えます!子供にも効果的

夜、鼻づまりに悩まされているという人も少なくないかと思います。

では、
どうして夜に鼻づまりが起きるのでしょうか?

特に日中は何でもない人であっても、
夜になると鼻がつまるという人も多くなっています。

そこで、
今回は鼻づまりを治すための解消法を教えたいと思います。

子供にも効果的な方法もありますので、
参考にしてみてください。

SPONSORED LINK

夜に鼻づまりが起きるのはなぜ?

夜の鼻づまり
どうして鼻づまりが起きるのかということですが、
これは鼻の粘膜が腫れることにより
空気の通り道が狭くなってしまうことにより起きます。

では、
どうして鼻の粘膜が腫れてしまうかというと、
夜は日中に比べてみても、
血管が広がりやすいためです。

血管が夜になり広がることによって、
鼻の粘膜が腫れることとなり、
鼻づまりが起きてしまうのです。

特に夜寝る時などに鼻づまりが起きるという人は、
しっかりと身体を休めることも出来ないため、
悩まされているケースも少なくありません。

また、次の動画をご覧下さい。

【花粉症や風邪からの「鼻づまり」解消法】

鼻づまりの解消法を紹介した動画ではありますが、
その中で鼻づまりの影響についても解説してあります。

右の鼻が詰まると短気に、
左の鼻がつまると記憶に影響があると解説しています。

夜に何かを学習したい人にとっては、
鼻づまりは大敵ということになるのではないかと思います。 

 

解消法は?

鼻づまり夜の解消法
夜の鼻づまりの解消法ですが、
原因によって様々です。

そこで、
今回は夜に鼻づまりの原因となっている
2つの事例に対しての対処法をご紹介いたします。

原因:枕が低く鼻に血流が集中しやすくなっている

対処法:頭を高くして、鼻に血流が集中するのを防いであげることで解消します。

 

原因:水分不足

対処法:水分不足によってむくんでしまうことからの場合、
    寝る前にしっかりと水分を補給して上げることによって解消することが出来ます。

 

子供にも効果的?

子供の鼻づまり
鼻づまりの解消法ですが、

今回、紹介したものはどちらも子供にも効果的です。

原因が分からない場合、
家庭で簡単に出来るものですから、
まずは試してみると良いかもしれません。

鼻づまりは
そのままいびきなどにも繋がってしまう可能性があるので、
安易に考えず、出来る限り解消してあげると良いでしょう。 

 

まとめ

夜の鼻づまりは、
血行が良くなることによるものが理由として考えられます。

特に夜は副交感神経が優位であり、
それだけでも血管が広がりやすくなっています。

そこにまくらの高さなどの要因が絡んでくると、
どうしても鼻がつまってしまうことになります。

身体を休めるための障害になることもありますので、
鼻づまりが起きていると感じたら、
原因を把握し、しっかりと対処しましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)