赤ちゃんの鼻水の吸い方のコツ。口を使う?鼻吸い器や吸引器の使い方

赤ちゃんは鼻水を自分でうまく処理することができません。

ですので、
鼻水が出るようであればしっかりと手伝ってあげましょう!

鼻水を取ってあげる時にはティッシュではなくて
鼻吸い器を使用します。

ここでは
鼻吸い器の上手な使い方などを紹介しています。

SPONSORED LINK

鼻をかめない赤ちゃん

赤ちゃん

赤ちゃんは自分で鼻をかむことはできません。

物心がついた時には、
当たり前のように鼻をかむことができたかもしれませんが
最初からできたわけではないですね。

「物事には何でも初めがある」
という言葉がありますがまさにその通りですよね。

自転車を乗るにしても
何度も転んでは挑戦をして・・・
気が付けば乗れるようになっている。

といったように
赤ちゃんも鼻をかむ練習をしないとできるようにはなりません。

なので、
赤ちゃんが自分で鼻をかめるようになるまでは
手伝ってあげる必要があります。

ちなみに、
鼻をかめるようになるまでは
3歳6ヶ月が目安と言われています。

鼻水を取ってあげる時の注意点ですが
赤ちゃんの鼻はとても敏感です。

穴も細く、短いため
刺激にとても敏感となっています。

さらに粘膜も弱く、
空気のちょっとした変化でも腫れやすいのです。

そのため鼻水がでてきやすいのです。

そんな赤ちゃんの鼻水を取るために
ティッシュで拭いてあげる人もいますが

ティッシュで拭くと
すぐに鼻の下の皮膚が荒れてしまいますので注意が必要です。

なので、
鼻水を取ってあげる時には鼻吸い器を使用するのが良いです。

関連記事:「赤ちゃん鼻水を上手にティッシュで取る方法」

 

上手な「鼻水の吸い方」

上手に鼻水

鼻吸い器は便利な道具ですが
上手に使えないと意味がありません。

鼻吸い器を使用して
鼻水を上手にとるためのポイントは

・鼻吸い器の先端を鼻の奥にきちんと入れる
・小刻みに丁寧に吸う
・上手く吸えない場合は角度を変えてみる

これらがポイントとなります。

鼻吸い器を赤ちゃんの鼻にきちんとセットしてなければ
鼻水をうまく吸う事はできませんので
ノズルで鼻の穴をぴったりと塞ぐようにしましょう!

吸うときに小刻みに行う理由は
赤ちゃんの鼓膜が破れないようにするためです。

一気に吸引すると、
その勢いで鼓膜が破れてしまう危険性があるので
気を付けてください。

鼻にきちんと挿したのに
鼻水が上手く吸えない場合には
鼻吸い器の角度を少し変えてみるのが良いです。

そうすると上手く吸える場所(角度)が見つかります。

ただ、角度を変える時にもグイグイやってしまうと
赤ちゃんのデリケートな鼻を
傷つけてしまう恐れがありますので気を付けてください。

また、
吸引をするタイミングは お風呂上り、
暖かい食べ物の摂取後、
鼻をスチームなどで温めた後
などがおすすめです。

 

口で鼻水を吸うと危険?

気をつけて

鼻吸い器などを使わないで、
口で直接吸ってあげる人がいます。

愛情があるからこそできる行為だと思います。

そういった気持ち自体は素晴らしいです。

しかし、
口で鼻水を吸うことはやめてください。
危険ですので!!

少し考えてみればわかりますが
鼻水には大量の雑菌や病原菌が含まれていますので

それを口で吸ってしまうと
うつってしまう可能性があるのです。

例えば、
赤ちゃんが風邪を引いているとします。
当然ながらその時の鼻水には風邪の菌が含まれていますので

口で吸ってしまうと
自分の体内に風邪の菌を侵入させてしまうことになるので
今度は自分自身が風邪をひいてしまうと事になります。

ですので、
口で鼻水を吸うと危険と言われるのです。

また、
親が風邪をひいてしまったら
赤ちゃんの面倒を見ることが難しくなってしまいます。

自分の体や赤ちゃんのことを考えると
口で鼻水を吸うのがいかに危険か分かっていただけたかと思います。

また、直接口で吸わないまでも、
チューブタイプの鼻吸い器を使用する場合も 菌がうつる危険があるため

使用後は必ずうがいをしましょう^^

 

鼻吸い器(吸引器)の紹介

鼻吸い器にはチューブ式(口で吸う)タイプと
電動で吸うものやハンドポンプのタイプがあります。

チューブ式でオススメなのは

「ママ鼻水トッテ」です。

チューブタイプなので 吸引圧を自分で調整できますし、
コンパクトなため持ち運びもできて便利です。

さらに、ダブルチューブタイプなので、
吸った鼻水が赤ちゃんの鼻へ逆流するのを防ぐことができるので
赤ちゃんに優しい作りとなっています。

次は電動吸引機でオススメなのがこちら

「ベビースマイル S-302」

ベビースマイルは
厚生労働省が定めた基準をクリアしている
医療機器認証を取得しています。

構造もシンプルなため
使用後の水洗いも楽チンにできちゃうのも嬉しいですね^^

キャップが付いているため
こちらも持ち運びが出来るのでお勧めです。

電動吸引機の中には
持ち運びに向かない物もあるため
電動吸引機の購入を考えている場合は
どこでも鼻水を吸ってあげられるベビースマイルがオススメです。

こちらの動画で
どのような商品なのかを確認することができます。

【ベビーザらス – 電動鼻水吸引器 ベビースマイル】

鼻水を取ってあげるのは大変ですが、
愛するわが子のために 頑張りましょう^^

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)