エコノミークラス症候群の予防対策。初期症状と原因は?どんな治療?

エコノミークラス症候群の予防対策は
どのようにするのが良いのでしょうか?

飛行機に乗っていると発症するエコノミークラス症候群ですが、
その初期症状や原因について調べてみました。

また、
発症した時の治療法についても調べてみましたので、
今回、一緒に説明していきたいと思います。

SPONSORED LINK

エコノミークラス症候群とは?

エコノミークラス症候群というのは、
別名、旅行者血栓症と呼ばれます。

エコノミークラス症候群は
大きく2つに分けることが出来ます。

 ・下半身が圧迫されてうっ血状態になり、血栓が生じる
 ・血栓が肺に詰まってしまう

これがエコノミークラス症候群の全貌ということになります。

 

原因と症状

原因

エコノミークラス症候群が発症してしまう原因としては、
血中に血栓が出来てしまうことになります。

エコノミークラスなどでは、
ずっと同じ姿勢で座っているために、
血栓が出来やすくなってしまいます。

そして、
出来た血栓が肺に詰まり、
エコノミークラス症候群となります。

症状としては、
動機や呼吸困難、チアノーゼ、意識低下などが起こります。

最悪の場合、
死に至ることもありますので、非常に怖い症状なのです。 

 

予防と対策

飛行機

エコノミークラス症候群にならないための
予防や対策法としては下記のようなものがあります。

 ・水分をたくさん摂取する。
 ・こまめに動く
 ・足は組まない

誰でも出来る簡単なことですが、
血栓が出来るのを防ぐことが大事であり、
これらが非常に効果的です。

特に飛行機の中などは乾燥していますので
血液もドロドロになりやすく、
ドロドロになれば血栓が出来やすくなってしまいます。

また、
同じ姿勢でいても同様に血栓が出来やすくなってしまうために、
血液が流れるように足は組まず、
こまめに動き、水分を取ることが予防、対策法になります。

飛行機に乗ると
そういった注意書きがしてあるのを
見たことがある人も多いと思います。

こまめに動くというのは、
足の指先をグーパーするだけでも効果的であり、
トイレに行く際はちょっと遠いところに行くと良いです。

長時間の移動になればなるほど、
エコノミー症候群になる可能性が高くなりますので、
意識して対応していくのが大事です。

次の動画をご覧下さい。

【エコノミークラス症候群予防】

実際に飛行機の中で出来る予防と対策を紹介した動画になります。

足を動かしてみたり、
足首からふくらはぎにかけて
手でマッサージを行っていますが、
こういった方法で十分です。

これならエコノミークラスの席でも
十分に出来るのではないかと思います。 

 

治療法は?

エコノミークラス症候群

エコノミークラス症候群の対処法としては、
出来た血栓を取り除くための方法が用いられます。

症状が軽い場合は、薬でそれ以上の血栓が出来ないようにし、
経過を観察していく治療法が取られることになります。

酷い場合は、血栓を溶かすための投薬を行う方法や、
血管内カテーテルを用いた薬剤投入といった方法が用いられます。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)