ダニに刺されて腫れた!跡が残る?対処法と薬について

ダニに刺されて腫れた場合、
跡が残ったりするのでしょうか?

そもそも
ダニに刺される時というのはどういった時になるのでしょうか?

今回は
ダニに刺された時の対処法であったり、薬について、
また駆除の方法などについて紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

ダニってそもそも?

ダニってグロい?
ダニは小型の生物で様々な種類が存在する動物の総称です。

体長が1mm以下のものが多いため、
なかなか普段は見ることが出来ない動物ではありますが、
人間の生活にはかなり深く関わっている動物と言えます。

その種類は世界で2万種とも言われているようですが、
あまり研究自体は進んでいません。 

 

刺されたらどうなるの?

体長が1mm以下と非常に小さいダニではありますが、
人間を刺すこともあります。

ダニに刺された場合、
多くの場合、気が付きません。

ダニに刺される時は寝ている時が多いのですが、
起きた時点では分からないことがほとんどです。

しかし、
その後、時間の経過ともに赤い斑点が出てきますので、
それで気がつくことになります。

刺されてから症状が出るまでに時間がかかるというのも
ダニ刺されの特徴と言えます。

 

腫れとその跡は?

ダニ刺され
ダニに刺された跡に出る腫れですが、
1センチぐらいの赤い斑点が出ます。

また、赤い斑点だけではなくて、
水ぶくれになることもあります。

そして、
その症状が出た部分に強いかゆみが続くことになります。

かゆみについては個人差もあるようですが、
蚊に刺されるよりも何倍もかゆいと表現する人もいます。

ダニ刺されが治った後ですが、
赤い斑点の跡は色が赤黒くなって残ってしまうこともあります。

体質な肌の強い弱いにも左右されますが、
かゆみが出た際にかきむしらないことが、
跡を残さないためには大事なこととなります。 

 

ダニ刺されの対処法

ダニの跡
ダニに刺された時の対処法ですが、
ステロイド配合のかゆみ止めを塗って緩和させると良いです。

ただし、
ステロイドは強力ですので、
副作用が出たと感じた場合は病院に行って診てもらいましょう。

アレルギーの心配がある人は、
キンカンなどのステロイドが入っていないものもオススメです。

また、
ダニへの対処法ですが、こういった商品があります。

次の動画をご覧下さい。

【ベッド、押入れ、車、ソファのダニ駆除製品はダニ捕りロボ】

布団やベットに潜んでいるダニを
退治してくれるグッズになります。

布団やマットレスに
板状の薬品を挟んでおいておくだけで効果があるので、
掃除が嫌いだという人でも簡単に対処することが出来ます。

ダニの心配があるという人は
これを置いておくだけでもかなり違ってくると思います。

関連記事:「ダニ退治には布団乾燥機がイチバン?」

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)