ピロリ菌の感染経路は?どううつるのか?唾液や箸、キスで?

ピロリ菌の感染経路っていうのは
どこからやってきてどういった感染の道を
辿ってきているのでしょうか?

ピロリ菌には
出来るだけかかりたくないですが、
その感染経路を把握しておけば、
かかる可能性もぐっと減るのではないかと思います。

唾液や箸などがメインの感染経路となるのでしょうか?

もしかしたらキスも感染経路なのかもしれません。

今回はピロリ菌の感染経路について調べてみました。

SPONSORED LINK

ピロリ菌はうつるの?


ピロリ菌はうつるのか?

ということですが、
うつる可能性はあります。

ピロリ菌は経口感染であり、
基本的に口から侵入すると考えられています。

食べ物や飲み物などから感染することが多く、
また大人に比べると、
小さい子供のほうが感染しやすいと言われています。

そのため、
小さい子供に対して、
親が自分の口で噛み砕いたものを与えることがあると思います。

親がピロリ菌を持っている場合、
こういったことで
子供にもピロリ菌がうつるケースがあるため、
注意が必要となります。

こちらの動画にはピロリ菌について詳しく解説してくれています。

【ピロリ菌 効率よく撃退する方法】

ピロリ菌は解説にあるように
日本人の多くの人が持っている菌です。

つまり、
多くの日本人が何かしらの形で
うつされているということです。

もちろん心配し過ぎる必要はなく、
薬で対処することが出来ます。

その際、大事なのは
しっかりと飲み続けることです。

途中で止めてしまうと
せっかくの効果もなくなってしまいます。

関連記事:「ピロリ菌は口臭がキツくなる!?」

 

 

感染経路について

ピロリ菌の感染経路ですが、
先ほど紹介したように口移しは感染経路の1つです。

そこで、
口移しがダメなら
口に関することは全て疑わしいということになります。

同じ食卓を囲めば、
お互いの箸についた唾液、
恋人同士や夫婦であればキスによる感染が疑われます。

しかしながら、
こういった箸、唾液やキスなどでは
感染はほとんどないとされています。

これはキスが日常生活の中で習慣になっている欧州と、
そういった習慣がない日本と比べた時に、
日本のほうが圧倒的にピロリ菌の感染率が高いからです。

実際、
成人の方がピロリ菌を口から大量に摂取したとしても、
ピロリ菌が胃に定着するということはほとんどありません。

そのため、
先ほどの口移しも感染経路となるのは、
子供の免疫力が少ないためだからで、
大人同士の口移しであれば
感染経路にはならないということになります。

大人同士で口移しすることはほとんどないとは思いますが…

そして、ピロリ菌の感染経路ですが、
上下水道だと言われています。

同じ家庭内で
ピロリ菌感染者が多いのも
唾液等ではなくて、
同じ上下水道を使っているからということになります。

上下水道の発展の影響を考えた際、
発展途上国と先進国での比較がありますが、
発展途上国のほうがピロリ菌の感染者は多くなっています。

こういったことからも、
ピロリ菌の感染経路としては、

唾液や箸、キスなどよりも
上下水道のほうが可能性が高いということになります。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)