花粉症の症状でのどのイガイガ痛みが出た時にやっておきたいこと。

「へっくしょん!」

くしゃみ、鼻水、のどのイガイガ、目のかゆみなどなど・・・

花粉症になるとこのような症状になってしまい、
とてもイライラしてしまいますよね。

そのような症状の中でも
のどのイガイガの対処法や改善方法について述べていますので
これを読んで花粉症に負けないようにしましょう!

SPONSORED LINK

辛いよね…花粉症の症状

明らかに花粉症

3大症状が
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、
とされており

これに目のかゆみを入れると
4大症状と呼ばれております。

花粉が目や鼻の粘膜に接触することによって
アレルギー反応を発症することによって
4大症状を引き起こします。

体内に入ってきた花粉を外敵とみなして
体外へ排出しようとするために
くしゃみを連発したり、鼻水が出てしまったりと
いわゆる免疫反応の一種です。

花粉症の厄介な所はそれだけではなく
二次症状の発症です。

鼻づまりで鼻呼吸がしづらくなり
口呼吸となってしまい

喉に障害が起きたり、

寝つきが悪くなり、
睡眠不足からくる集中力の欠如、
さらにイライラしたり、

などなど、
考えただけでも恐ろしい症状に繋がってしまいます。

 

のどのイガイガ痛み

のどのいがいが

花粉症の4大症状にのどのいがいが、
痛みは含まれていません。

花粉が直接関与してなるものではなく、
二次症状によって起こると言われているからです。

花粉症が原因で鼻づまりになったりすることで
鼻汁が喉に流れてしまう、
後鼻漏と呼ばれる症状になった結果、

のどがイガイガしたり痛みがでたり
口呼吸になってしまい
乾燥した空気が喉を通ることで
のどが乾燥してしまってイガイガ感がでて…

とこのように
花粉が直接関与しているわけではありません。
(諸悪の根源は花粉ですが笑)

花粉症の人に行ったアンケート調査によると
のどにイガイガや痛みを感じている人が
約8割の方が感じているという結果がでたそうです。

ここまで多くの人が感じているならば
4大症状に加えて、5大症状にしても良い気がしますが・・・

のどのイガイガや痛みの対処法や良くする方法がありますので、
そちらを行い少しでもストレスを軽減させましょう!

 

喉のイガイガの対処法、良くする方法

元気になっちゃった

喉を乾燥させないことがとても大切です。

そのためには
マスクを着用する、
加湿器を使うなどの方法があります。

また、
外出先から帰ってきたときに
うがいをする時には、
緑茶や紅茶などのカテキンを含んだものでうがいをすると
殺菌作用もあってより効果的にできます。

もし、
家に加湿器がない場合は
洗濯物(特にバスタオルがおすすめ)を干すだけでも
湿度はとても高くなりますので効果抜群です。

また、
湿度を高めることで
空気中に散布している花粉も
床に落ちると言われていますので一石二鳥ですよ!

のどの痛みには
定番ですが、のど飴がおすすめですね。

スーパーなどに売られているのど飴もいいですし、
「マジでのどやばい」時には
トローチを舐めてみるのも良いでしょう。

のど飴やトローチをなめる時の注意点としては
噛まないこと。

舐めて溶かすことで
中の成分がしっかりとのどに広がっていきます。

噛んで飲み込んでしまったら
成分がのどではなく胃に広がってしまいますので…

次に
のどのイガイガを予防、改善するための
首のマッサージの方法をご覧ください
(花粉による物に効果があるかは分かりませんが・・・笑)

【咳 のど イガイガに 予防&軽減ケア】

また
のどが痛い時にオススメの飲み物は
はちみつレモン紅茶です!

先ほども書きましたが
紅茶には殺菌作用があります。

それに、
はちみつを加えることで
更に効能が高まりますし、
紅茶が飲みやすくなります。

こういった些細な所から
のどのイガイガや痛みを軽減させていきましょう!

最後にポイントをまとめると

のどを乾燥させないために

・部屋の湿度を高める
・マスクを着用する
・口呼吸にならないよう気を付ける
・うがいをしっかりと行う

これらの事に気を付けてください^^

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)