ロキソニンとアルコールは危険?飲み合わせで気をつける?

痛み止めに効果的なロキソニンですが、
アルコールとの組み合わせは危険なのでしょうか?

また、
ロキソニンは他の薬剤との関係を考えた時に、
飲み合わせで気をつけなければいけないものはあるのでしょうか?

今回、
そんなロキソニンについて色々と調べてみました。

SPONSORED LINK

ロキソニンとは?

頭痛薬ロキソニン
そもそもロキソニンというのは、
ロキソプロフェンという鎮痛剤のことを指します。

CMなどでも宣伝されているのを見かけることが出来ますが、
頭痛などの時によく服用する人が多くなっています。

最近はそういった痛みを止めるための鎮痛剤として
大活躍している薬ですが、
第一三共が提供しているものが最も有名です。

ちなみに、
頭痛の時に飲まれるロキソニンですが、
必ずすべての頭痛に効果的かというと、
そういうことでもありません。

次の動画をご覧下さい。

【ロキソニンが効かない頭痛】

頭痛でも片頭痛にはロキソニンは効果がないのです。

ロキソニンが効果的なのは、
緊張型頭痛と呼ばれる
肩こりなどの筋肉疲労によって、
引き起こされるものとなります。 

 

ロキソニンとアルコールの組み合わせは?

ピキーン
ロキソニンとアルコールの組み合わせですが、
これは危険な組み合わせとなります。

アルコールを摂取すると、
肝臓がアルコールの分解で働いています。

そこにロキソニンという薬を摂取すると、
ロキソニンの分解も肝臓が行うこととなります。

しかし、
元々アルコールを分解していたために、
肝臓は大忙しで、
ロキソニンはしっかりと分解出来ないということになってしまいます。

そうなると
ロキソニンが過剰に効いてしまうという現象が起きるのです。

過剰に効いてしまった結果、
胃や肝臓を荒らしてしまうということにつながります。

過剰に効くというのであれば良いのではないか
と考える人もいますが、
それ以外のデメリットを考えれば、
アルコールとロキソニンの摂取は
避けたほうが良いのは間違いありません。

これは二日酔いの時も同様のことが言えますので、
ロキソニンを摂取するタイミングについては
注意が必要だということになります。 

 

飲み合わせと間隔について

薬には避けたほうが良い飲み合わせがありますが、
ロキソニンには避けたほうが良い飲み合わせがあります。

ワルファリン、リウマトレックス、糖尿病の薬などは、
ロキソニンとの飲み合わせに注意したほうが良いものとなります。

それぞれ副作用が異なりますが、
効果が強めに出てしまったりなどするため、
場合によっては非常に危険なケースもあります。

また、
ロキソニンの間隔ですが、
一般的に6~8時間は間隔を空けるべきです。

間隔が短ければ、
副作用が出てしまったりと
危険なことは容易に想像がつきますよね。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)