骨折したらギプスの装着期間は?お風呂はどうする?

骨折をしたら必ずと言っていいほど
ギプスを装着させられますが

一体どのくらいの間
ギプスを装着していなければならないのでしょうか?

また、お風呂に入ることはできるのか心配ですよね。

そもそもギプスを装着する意味は
どのようなことがあるのでしょうか。

SPONSORED LINK

骨折とギプス

By: naka hide

骨折をした場合に
患部を動かしたり衝撃を与えたりすると痛みますし、
回復にも時間がかかってしまいますので
患部を保護&固定するためにギプスを装着します。

装着している間は
もどかしい気持ちになるかもしれませんが

患部を良くするため
と自分に言い聞かせて乗り越えましょう。

私が小学生の頃の話ですが、
腕を骨折した友達が
ギプスを装着したことをいいことに
ラリアットをして遊んでいた所、
なんと骨折が悪化しちゃいました(笑)

ギプスをしているからと言って
暴れるのはNGということを教えてくれる出来事でした・・・。

ちなみに
ギプスはどうやって作られているのかをご存知でしょうか?

焼き石膏粉末と綿布を組み合わせたものを
水に浸して作られているのです。

組み合わせたものは水に浸すことで化学反応を起こして
凝固してあの頑丈なギプスができるんです。

骨折をしてしまった場合は
どの位の期間
ギプスを装着していなければいけないのか気になりますよね。

 

ギプス装着期間

ギプス

ギプスは
患部を固定してくれる便利な物でありますが
患部を長い間動かさないでいると
関節周辺の筋肉などが萎縮してしまうため

装着期間は必要最低限にするのが望ましいです。

具体的な期間としては
を骨折した場合には
約1ヶ月~2ヶ月ほどで外れます。

の場合は
ギプスは4週間ほどで外れることが多いです。

を骨折した場合ですが
一般的には6週間前後で外れることが多いです。

ただ、
この期間はあくまで目安でしかありません。

一度ギプスを外した後に
レントゲン検査で骨の回復が遅いようでしたら、
もう一度ギプスを装着することもありますので、

再びギプスを装着したくなければ、
安静にして
少しでも回復させることを意識するのが最善策だと思います。

 

お風呂はどうする?

骨折とギプス

身体の一部にギプスを装着している場合は
どのようにお風呂に入ればいいのか。

ギプスはお湯につけても良いのか。

等々疑問に思いますよね。

基本的に
ギプス本体は水につけるのは望ましくはありません。

お風呂に入る場合は
ギプスを渇いたタオルで包み、
その上から 大きなビニール袋などで包み込んで、
口をしっかりとテープなどで固定して
中に水が入らないように密封しましょう。

タオルで包む理由は
汗や水滴でギプスが濡れてしまうのを防ぐためですので
できるだけタオルで包んであげましょう。

しかし、
お風呂に入るのにこんなに手間が掛かってしまうと
面倒くさいと感じて
お湯につかるのではなくシャワーで
済ましてしまうかもしれませんが

お湯に入ることで血流が良くなり、
回復が促進されて完治までの期間が短くなります。

つまり
ギプスを外すまでの時間が短くなるという事ですので、

体調が優れないなどの理由がない限りは
できるだけお湯につかることをお勧めします^^

こちらで
ギプスの包み方を確認することができます。

【ギプスで入浴する方法】

これなら一人で出来そうですよね^^

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)