運行管理者の合格率はどのくらい?過去の合格率推移を見てみよう。

運行管理者の合格率というのは
どの程度なのでしょうか?

難関試験となれば
合格率はかなり低くなりますが、
運行管理者はどの程度か気になりますね。

そこで、
今回は運行管理者の
過去の合格率の推移などについて調べてみました。

これから試験を受けようという方々にはぜひ参考にして欲しいです。

SPONSORED LINK

運行管理者とは

運行管理者というのは、
運輸業で必要になる資格です。

次の動画でも紹介されています。

【運行管理者資格試験対策講座】

運送業というのは、
トラック事業、バス事業、タクシー事業
などの事を言います。

そして、
こういった事業を行う上で
事業所というのが設けられますが、

その事業所ごとに運行管理者が必要となるのです。

また、
1つの事業所に
何人の運行管理者が必要かというのは、
事業車数によって異なってきます。

では、
この運行管理者がどういったことを行うかというと、
下記のようなことを行います。

 ・運転手に対しての指示
 ・運転手の健康状態の把握
 ・運行に必要な書類の作成
 ・書類の保存

事業を行うにあたって、
安全に運営されるための業務ということになります。

特に
運転手の健康状態は安全に大きく響いてきますので、
非常に重要な役割を担うことになるのです。

 

運行管理者の合格率とは

タクシー運行
気になる運行管理者の合格率ですが、
過去をさかのぼると
おおよそ40%ぐらいで推移していました。

40%ぐらいというと、
およそ半分程度の人が合格する計算になりますが、
最近ではこの合格率も下がっている傾向にあるようです。

近年、
重大な事故が起きるなどして
運行管理者の需要が高まっていることも関係しています。

平成26年の1回試験では
15%を下回りましたから、
かなり低いと言わざる負えません。

ここ5年くらいの平均は
35%程度ではありますが、

受験する時はしっかりと準備していかなければ
合格は難しいと言えるのではないかと思います。

 

運行管理者の試験難易度は?

taxi
運行管理者の試験難易度ですが、
国家試験であるため
それなりの難易度はあるものの、
最難関というほどではありません。

ネットでこの手の情報を調べると様々出てきますが、
看護師や衛生管理者程度と位置づけられているところもあります。

しっかりと準備すれば
決して合格は難しくない程度の難易度と言えるかと思います。

もちろんまったく勉強しなければ、
そうは合格出来ない試験であることは間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)