風邪で筋肉痛や関節痛が起こる原因は?緩和させる方法とは?

風邪の時に
筋肉痛関節痛に悩まされることがあるかと思います。

しかし、
筋力トレーニングもしていないのに
どうして筋肉痛になるのでしょうか?

こういった
筋肉痛や関節痛が起こる原因は何になるのでしょうか?

また、
こういった時に
これらを緩和させる方法というのはあるのか調べてみました。

SPONSORED LINK

風邪で筋肉痛になるの?

筋肉痛

風邪の時に身体がだるくなり、
熱が出てという症状が大半だと思います。

そして、
薬を飲んで布団に横になると思いますが、
この時にふと筋肉の痛みを感じることがあります。

その痛みはまるで筋肉痛のような痛みですが、
筋トレをした覚えはない…

風邪を引いた時に
筋肉痛になることに
不思議に感じている人もいるかと思います。

 

風邪をひくと関節痛に

関節痛

風邪をひくと筋肉痛になるのと同様に
関節痛にも悩まされる人も多いと思います。

特に熱が出た時などに関節痛になるという方や、
関節痛が出てくると
熱が出てくる前兆だという方など様々です。

風邪と関節痛は切り離せないという人も少なくありません。

風邪の症状でも
関節痛とハッキリと紹介されています。

また、
風邪の回復のメカニズムの中で、
関節痛が起きてしまう原因も説明出来るため、
風邪の際の関節痛は仕方のないことなのです。

 

筋肉痛・関節痛の原因は?

By: kaex0r

風邪の時に
筋肉痛や関節痛に悩まされる人は思ったことがあるはずです。

どうして風邪の時にこれらの症状が出てきてしまうのか?

これは身体の中でウイルスと戦うために生じるものです。

ウイルスが身体の中に侵入すると、
人にはそれを攻撃する仕組みがあります。

そして、この際、
痛みや発熱の元になる物質が作られます。

この発熱の物質が
人が風邪を引いた時に熱が出る原因になりますが、
どうして発熱するかというと、
ウイルスが熱に弱いためです。

そのために発熱する物質を出し、
ウイルスを攻撃するのです。

そうなると
気になるのは痛みの元になる物質ですが、
これは人が安静にするために出されます。

ウイルスを攻撃する際、
出来るだけ安静にして貰ったほうが専念することが出来ます。

そこで安静にさせ、
体力を温存させるために痛みの物質を出すのです。

 

筋肉痛や関節痛を緩和させるには?

風邪の際、
筋肉痛や関節痛があまりにも酷い場合は、
骨盤を温める方法が効果的です。

【高熱が出たあとの関節痛にはコレ! 】

特に
関節痛に効果的な方法で
動画でも紹介されています。

高熱が出た場合、
骨盤に負担が来てしまい、
そこから関節痛が生じます。

そこで骨盤を温めて上げることで正常に戻し、
それにより関節痛を和らげて上げるのです。

温めて上げる方法としてはお風呂がオススメです。

お風呂では全身を温めることになり、
それによって筋肉痛も解消が期待出来るからです。

ただ、お風呂に入る場合、
湯ざめによる風邪の悪化には気を付けて下さい。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)