胡蝶蘭の育て方。夏と冬はどうする?水やりと植え替え方法

胡蝶蘭の育て方は
どのようにすれば良いのでしょうか?

綺麗な白い花を咲かせる胡蝶蘭ですが、
その育て方は難しそうですよね。

夏と冬の育て方であったり、
水やりは植え変えの方法など知りたいことが多々あります。

そこで、
今回は胡蝶蘭の育て方について調べてみました。

SPONSORED LINK

胡蝶蘭とは?

胡蝶蘭育て方
胡蝶蘭というのは、
ラン科の植物の1つで東南アジアに広く分布しています。

何と言ってもその特徴は
白く美しい花をつけることで
贈り物などに用いられることも多いです。
(いろいろな色もありますが)

東南アジアに広く分布している花であるため、
寒さにはあまり強くありません。

そのため
育てる時は温度管理には少し注意が必要です。

通常、
胡蝶蘭は2~3月くらいに
花を咲かせる植物ではありますが、

温室などを利用することによって、
一年中、花を楽しむことが出来るようになっています。 

 

胡蝶蘭の育て方は?

胡蝶蘭むずかしい
胡蝶蘭を育てるにあたって
場所は非常に重要です。

光、風、温度を注意する必要があります。

風通しがよく
光がよく当たる場所が良いですが、
直射日光は避けたほうが良いです。

また、
温度については、
先ほども紹介しましたが、
熱帯の植物であり、 寒さには弱いです。

そこで
特に冬などは家の中でも
一番温かい部屋においてあげると良いです。

ただし、
暑ければ良いというわけではありません。

夏は日差しが強すぎる可能性がありますので、
日差しが強い時は日陰に入れて上げて下さい。

温度が暑すぎると
今度はバテてしまうので、
その際はエアコンのある部屋に移動する必要もあります。

胡蝶蘭は
ラッピングされた鉢などで頂くことも少なくありませんが、
育て方として鉢で構いません。

ただし、
ラッピングは
すぐに取って上げたほうが胡蝶蘭のためになります。

なぜなら
これで蒸れてしまい
根腐れなどを起こしてしまう可能性があるからです。

また、
育てるにあたって花びらには触れないように、
空気は乾燥させ過ぎないようにと
注意する点がいくつかあります。

育てる上では非常に大変ですが、
他の花より長く綺麗な花を咲かせてくれますので、
育て甲斐のある花だと言えるのではないかと思います。 

 

水やりの方法

胡蝶蘭水やり
胡蝶蘭の水やりの方法ですが、
胡蝶蘭はそもそも
ポットか鉢に植えられていることがほとんどです。

そのため
鉢の上から全体に水を上げても
上手くかからない可能性があります。

次の動画でも解説されていますね。

【コチョウラン ( 胡蝶蘭 )の育て方】

そこでどうするかというと、
出来るだけ茎の根元にジョウロを持っていって、
水やりしてあげると良いです。

このようにすれば
ポット1つずつに水がかかりますので、
胡蝶蘭に水が足りなくて
枯れてしまうということを避けることが出来ます。

植え替えについて

By: *Yaco*

胡蝶蘭の植え替えですが、
健康に育てるために植え替えを行います。

タイミングとしては、
2年以上植え替えしていない場合や、
数本寄せ植えしてある場合は
花が終わった後などに行います。

時期としては4月が良いとされていますが、
1年に何度もやるわけでなければ、
基本的にはいつでもOKです。

植え替えの方法としては、
鉢から取り出し、
根腐れしている部分を丁寧に切り取ります。

後は新しい鉢に胡蝶蘭を入れ、
バークや水草などで固定してあげれば完了です。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)