香典返しのお礼。相場と時期について。辞退された方には?

香典返しのお礼というのは
相場や時期について頭を悩ませるものです。

相手にいつどのくらいのものを返せば良いのか?

また、
香典返しを辞退された方には
どのような対応をすれば良いのでしょう?

今回は香典返しについて調査してみました。

SPONSORED LINK

香典返しとは?

お墓
香典返しというのは、
お葬式などの際に頂いた香典に対してお返しすることです。

香典は多くの場合、
お金を頂くことになるかと思いますが、
香典返しは品物で返すことが多くなっています。 

 

金額の相場は?

カタログギフト
香典返しの金額の相場ですが、

通常の考え方として半返しというのが一般的です。

半返しというのは、
頂いた金額の半分をお返しするという考え方で、
例えば1万円頂いたのであれば、
その半分の5千円分をお返しするということです。

ただし、
親族などの場合は
香典の金額が高額になっているケースもあると思います。

こういった場合は、
半返しにはこだわらず
金額の3分の1程度を目安にすると良いです。

あくまで香典返しは気持ちですので、
あまり金額にこだわり過ぎるのは良くありません。

1つの目安として抑えておくほうが
あまり負担にもならずに良いかと思います。

また、
香典返しには品物を送ることがほとんどですが、
最近はカタログギフトなどを利用するケースも増えてきています。

こういったお店もあったりするようです。

【ギフトジャパンの香典返し】

ギフトジャパンの紹介の動画になりますが、
ギフトジャパンは
香典返しを専門に扱っているお店となります。

様々なマナーなどありますが、
専門ということで
その辺りもしっかりと任せることが出来ます。

また、
お返しの品物も
様々あるものから選ぶことが出来ますので、
品物選びに困るということはないでしょう。 

関連記事:「香典の金額相場」

 

香典返しの時期は?

時期香典返し
香典返しの時期ですが、
通常、葬儀の際は簡単な品物だけで済ませます。

そして、
しっかりとした香典返しは
仏教の頃で言えば49日の頃に、
参列者の方々に送るのが一般的です。

時期については
忌明け(いみあけ)の頃が一般的となっています。

また、
香典返しを送る際は
お礼状と一緒に送るのがマナーです。 

 

辞退された方がいる場合は?

場合によっては
香典返しを辞退される方がいるケースもあります。

例えば、
職場のルールとして受け取れないといった場合です。

こういった場合は
無理に香典返しをお送りしても
相手に迷惑をかけるだけになってしまいます。

そのため、
相手から香典返しの辞退の申し出があった場合は、
お礼だけで済ませるのがスマートなやり方です。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)