黒茶の効果効能とは。烏龍茶との違いは?

黒茶の効果効能というのは
どういったものがあるのでしょう?

また、
烏龍茶と黒茶を比べた時に
違いはどういったものになるのでしょうか?

今回はその辺りについて調べてみました。

SPONSORED LINK

黒茶とは?

By: Kanko*

黒茶とはお茶の一種になります。

そもそも
お茶はその製法によりいくつかの種類に分かれます。

日本で緑茶はよく飲まれるお茶ではありますが、
緑茶もまたお茶の一種であり、
黒茶とは製造方法が異なるということになります。

黒茶の特徴としては、
麹菌による数カ月以上発酵させて作られるものを言います。

黒茶というと馴染みが薄いかもしれませんが、
プーアル茶は黒茶であり、
日本でも愛飲されているかと思います。

主な生産国としては、
やはり中国となりますが、
日本でも四国で製造されています。

ただし、
その量としてはほんのわずかとなっています。

 

効果効能は?

黒茶の効果
黒茶は健康に良いと言われているお茶です。

その具体的な効果効能というのは
下記のものとなります。

 ・腎臓を綺麗にする
 ・糖尿病や動脈硬化の予防
 ・脂肪燃焼
 ・コレステロール値の低下

こういった効果があるため、
ダイエット効果も期待することが出来ます。

そのため
普段から黒茶を愛飲している女性も少なくありません。

黒茶はその製法に発酵が用いられていますが、
発酵させているために
身体への刺激というのは少ないのです。

そのためいくら飲んでも
胃腸などを壊すことはなく、
それどころか消化などの手助けもしてくれるのです。 

 

烏龍茶との違いは?

By: 胤 李


烏龍茶と黒茶との違いですが、

その製法にあります。

烏龍茶もお茶の一種となりますが、
青茶と呼ばれます。

主な違いは発酵の方法の違いになり、
烏龍茶が酸化発酵なのに対して、
黒茶は細菌による発酵になります。

また、
烏龍茶は半発酵となりますが、
黒茶は完全発酵となりますので
発酵の度合いも異なります。

ちなみに、
酸化発酵によって完全発酵させたものは紅茶となります。

こちらも
日本ではよく愛飲されているお茶ではないでしょうか。

 

美味しい飲み方は?

入れ方

黒茶の美味しい飲み方ですが、まずは次の動画をご覧下さい。

【中国茶の入れ方 黒茶】

動画の中で
お茶の入れ方が解説されていますが、
黒茶を入れる際は、 お茶を洗います。

通常、
お茶を入れる時はお湯を注いで、
そのまま飲みますが、

お茶を洗うために一度目はすぐに捨てるのです。

そして、
その後に注いだお湯でお茶を楽しむことになります。

また、黒茶だけではなく、
お茶を楽しむための方法として、
茶器(ちゃき)を温めておくというのも大事な準備となります。

少し手間はかかりますが、
そうやって美味しいお茶を飲むことが出来るのです。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)