山芋アレルギーの症状は?かゆみが起こる?含まれる食品って何?

山芋アレルギーの症状は
どういったものがあるのでしょうか?

アレルギーと言うと
かゆみの症状などがありますが、
山芋のアレルギー症状でも同様の症状などが見られるのでしょうか?

また、
アレルギーに注意するために含まれる食品についても調べてみました。

SPONSORED LINK

山芋について

日本で山芋は古くから食べられている芋であり、
かつてじゃがいもがなかった時代は
芋と言えば、山芋のことを指していました。

この山芋ですが、
滋養強壮に良いことが分かっている他、
様々な面で健康に良いことも知られています。

山芋は
10月から翌年の4月くらいまでが
収穫の時期となっています。

ただし、
粘り気が強く糖質が増したほうが美味しいため、
収穫してからすこし時間を置いたものを食べたほうが
美味しいと言われています。

また、
今は出荷調整を行うことが出来るようになっているため、
市場には安定的に年中出回っており、
スーパーなどで簡単に手に入れることが出来ます。

関連記事:「山芋となが芋の違いは○○」

アレルギー症状は?

様々あるアレルギー症状の中で
山芋もまたアレルギー症状があります。

山芋アレルギーの症状としては
下記のようなものがあります。

 ・赤み
 ・かゆみ
 ・かぶれ
 ・湿疹
 ・嘔吐
 ・下痢

これらのような症状が見られます。

また、
あまりにも酷い場合っていうのは、
アナフィラキシー症状まで引き起こし、
最悪の場合は死に至ってしまうケースもあるようです。

健康に良い食材で知られている山芋ですが、
食べる際にはアレルギーには
非常に気をつけなければなりません。

山芋アレルギーは症状にもよりますが、
生で食べるほうが発症しやすいと言われています。

ただし、
これもあくまでアレルギーの症状次第ですので、
酷い方は加熱した山芋を食べても
症状が出る可能性というのは十分に考えられるのです。

ちなみに、
山芋を食べた時にかゆみが出た経験がある人は多いと思います。

このかゆみについては、
アレルギーではないケースもあります。

山芋に含まれる成分によって
かゆみが出るケースがあり、
この場合は
お酢などで該当の箇所をぬぐってあげると
かゆみが早く治ります。

 

山芋が含まれる食品

山芋アレルギーに注意するのであれば、
山芋が含まれている食品は知っておかなくてはなりません。

と言っても、
山芋や口どけや口当たりを良くする役割として、
様々な食品に含まれています。

おそばやお好み焼きであれば
当たり前のように山芋が入っています。

そして、
居酒屋で定番のこんなメニューもあります。

【居酒屋メニューの定番!!山芋鉄板 】

すった山芋に
たまごとチーズを混ぜて焼く
といった簡単なレシピですが、
居酒屋では必ず食べるという人もいるほどの人気メニューです。

これは山芋が含まれるというか、
ほとんど山芋なので、
アレルギーの人はもちろん論外です。

こういった形で
様々な食品に山芋が含まれているため、
アレルギーを持っている人は
くれぐれも注意しなければなりません。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)