寝言もいびきも歯ぎしりも原因はストレス!?治すためには。

寝ている時は
寝言やいびき、歯ぎしりなど様々な症状があります。

これらは
同じ部屋で寝ている人の睡眠を邪魔してしまい、
非常に症状としてはやっかいなケースも少なくありません。

これらの原因としては
ストレスになるのでしょうか?

また、
治すためには
どういったことが必要なのか調べてみました。

SPONSORED LINK

寝言の症状

寝言というのは、
その名の通り、寝ながら言葉を発することを言います。

本人は寝てるために
まったく寝言については気付いていないケースも多く、
またはっきりと話すこともあれば、
何を言っているかイマイチ分からないケースもあります。

これは睡眠中のレム睡眠とノンレム睡眠に関係しており、
レム睡眠の時は聞きとりにくいもので、
ノンレム睡眠の時ははっきりしています。

寝言は子供の時は多く、
成長に従って自然と消えていくことが多いです。

しかし、
大人の方でもストレスなどによって
寝言が出るケースが多く、
特にレム睡眠の際には感情的な寝言というのが多くなります。

うるさいいびきについて

By: Payton

いびきは同じ部屋で寝る方の睡眠を阻害する
大きな原因になるものです。

特にうるさいいびきになると、
隣で寝ていられないということになります。

いびきは慢性的な鼻炎が原因であったり、
深酒が原因であったりと様々です。

また、
いびきの対策としてのグッズもたくさん売られており、
それらを愛用している方も少なくありません。

いびきについても、
ストレスが原因のこともあります。

【ストレスはいびきの原因】

ストレスが溜まり、
それが呼吸へと影響し、
いびきとなって表れるのです。

このいびきについては、
ストレスを解消することで収まることが大半ですが、
それ以外にも
リラックス出来るための枕の新調なども
対策として有効なこともあるのです。

歯ぎしりの仕組みは?

歯ぎしりというのは、
自分では無意識のうちに歯を合わせたり、
ギシギシとくいしばったりすることも言います。

いびきなどに比べると
歯ぎしりをする人というのは少ないようですが、
朝起きた時に歯茎が痛むなどの場合は、
歯ぎしりをしていることが多くなっています。

歯ぎしりについては、
顎の筋肉のバランスが悪いために起きる場合や、
飲酒によるものなどがあります。

ただし、
筋肉のバランスが悪いことによるものは、
専門家の中でも意見が分かれるところであり、
はっきりと原因としては特定されていません。

 

原因はストレス?

寝言、いびき、歯ぎしりと
寝ている時の症状は様々ですが、
それらの原因はストレスであるケースもあります。

必ずしもストレスが原因だということは出来ず、
それぞれにそれぞれの原因がある場合もあります。

例えば、いびきであれば鼻炎であるなど…

しかし、
原因がストレスであるケースも多く、
それまで症状がなかったのに
生活の変化などで症状が出た場合は
ストレスだと考えて良いでしょう。 

 

治すには?

原因がストレスである場合、
治すにはストレスを解消してあげることです。

生活の変化や仕事のストレスなど、
ストレスはある意味、日常生活の中で溢れています。

それらのストレスを特定出来れば、
解消してやることで症状が治まることが多いです。

また、
リラックスする時間を意識的に取るなども効果的ですので、
しっかりと休む時間を取るなどしてみるのも良いです。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)