子供の高熱が続く…対処する方法!元気がない?嘔吐や発疹ある場合。

子供の高熱、
続くと非常に心配になるかと思います。

少しでも早く回復させてあげたい
と思うのが親心でしょう。

では、
子供の高熱が続く時の対処法は
どうしたら良いのでしょうか?

元気がない時、
嘔吐や発疹がある場合で
色々調べてみました。

SPONSORED LINK

子供の高熱の原因は?

子供が高熱を出す時というのは、
ほとんどの場合が風邪のケースが多いです。

ただし、
子供の高熱と言っても
何度から高熱なのかというのは注意が必要です。

次の動画をご覧下さい。

【おとなの高熱は子どもの平熱!?】

動画の中でも紹介されていますが、
まず子供は平熱が高いです。

そのため
大人が熱が出ているなと感じるような温度でも、
子供にとっては平熱の範囲であることもあります。

子供の平熱は37度くらいとなっていますので、
ちょっとの熱であれば心配する必要はありません。

そして、高熱を出す原因ですが、
風邪のウイルスと戦っているためです。

そのため
高熱が出るというのは悪いことではないのです。

あまりにも熱が高いようであれば、
冷却シートや解熱剤を検討しても良いですが、
使いすぎるのは決して良いとは言えないのです。

 

元気がある時は?

子供が高熱があるのに
元気がある場合があります。

高熱だけど、
元気だということで
対処に悩んでしまうこともあるかと思います。

この時は
すぐに病院に行く必要はなく、少し様子を見て下さい。

1~2日程度であれば問題ありません。

あくまで子供の様子を優先して考えると良いです。

ただし、
元気だからと言って、
高熱がある中であまり無茶はさせないほうが良いです。 

 

嘔吐や発疹がある場合は?

高熱だけではなく、
嘔吐や発疹がある場合ですが、
この時はすぐに病院に行きましょう。

症状が軽いようであれば
様子を見るのも悪くありませんが、

高熱以外の症状がひどい場合は
病院に行き、診断してもらうほうが良いです。

子供が高熱を出した時は、
親の観察力が重要です。

ご飯の食べる量は
いつもと比べて多いか少ないか、

水分補給はしっかり出来ているか

などつぶさに観察し、
総合的に判断して下さい。

ただし、
ある程度の経験も必要ですので、
心配なようなら
病院に連れていってしまうのも最初はありだと思います。

 

高熱の際の対処法は?

子供が高熱を出した時の対処法としては
解熱剤があります。

ただし、
解熱剤で無理に熱を下げるのはオススメ出来ません。

最初にも説明した通り、
熱はウイルスと戦っている証拠です。

自然治癒力が活発化しているのです。

そのため、
自然とウイルスを倒し、
熱が下がるのを待つのが一番だからです。

それでも体力の消耗が激しい時は
解熱剤を考えてみたほうが良いです。

解熱剤を使うタイミングとしては、
熱が上がっている最中ではなくて、
上がりきったところで使うようにしましょう。

タイミングを間違うと、
子供の熱を楽にして上げることが出来ません。

子供が高熱を出した時に
いかに楽にしてあげられるかは、
やっぱり親が子供の様子を理解し、
正しい対処をしてあげられるかどうかにかかっています。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)