結婚式の費用の平均相場と内訳。節約するための方法とは?

結婚式の費用というのは
かなり高額になることがほとんどです。

また、
人生で何度も経験することではないので
経験を積むと言っても限度があります。

ただし、
平均相場や内訳というのは気になると思います。

節約の方法なども。

今回は
結婚式に関することについて色々と調査しました。

SPONSORED LINK

結婚式の費用

By: Yasuhiko Ito

結婚式というのは
愛する二人の門出となる式です。

せっかくだから
豪勢にしたいとか、あれもこれもと
考える人も多いかと思いますが、
その分だけ結婚式には費用がかかります。

後ほど説明しますが、
数百万という金額はザラです。

ただ、結婚式の費用は全額、
自分で準備しなければならないわけではありません。

参列者からのご祝儀がありますので、
それで賄えない分だけ払えば良いのです。

そう思うと結婚式の費用の大きさに
それほど怖気づくこともなくなるのではないでしょうか。

 

平均の相場はどれくらい?

By: MIKI Yoshihito

結婚式の費用で気になるのは、
やはり平均の相場ではないかと思います。

世の中の結婚式の平均相場と
自分たちの費用はどの程度、違うのか?

あくまで目安ではありますが、
おおよそ下記ぐらいとなっているようです。

 70名で325万円
 一人あたりの予算は4万6000円

おおよそではありますが、
「人数×5万円」くらいが相場になるようです。

そのため、
50人であれば250万円、
100人であれば500万円といったところです。

ただし、
必ずかかる固定費がありますので、
その分は人数が増えたほうが
一人あたりの受け持つ割合っていうのが減ることになるので、
あくまで概算程度だと思っていたほうが良いです。

ちなみに、
結婚式全体の費用の考え方は
こういった感じで計算すると良いと思います。

【結婚式費用!リアルにどれくらいかかるの?】

費用を概算で出した後、
参列者の人数×3万円でご祝儀を計算します。

後は費用からご祝儀を差し引いた分が、
自分たちが用意しなければならないお金です。

こういった概算が少しでもあれば、
予定も立てやすいのではないかと思います。

 

費用の内訳

By: bm.iphone

結婚式の費用の内訳ですが、
結婚式を挙げた方でも知らないという方もいます。

決めることがたくさんあるので、
ついそちらはおろそかにということですが、
費用の内訳はしっかりと見ておいたほうが良いです。

ちなみに、
代表的な内訳は下記のような項目となります。

 ・料理代
 ・ウエディングケーキ
 ・挙式料
 ・ブーケなどの飾り代
 ・衣装代
 ・引き出物
 ・音響や照明

これらそれぞれに費用がかかり、
グレードアップすれば
その都度費用は上がっていくということになります。 

 

節約するには?

By: Nori Norisa

せっかくの結婚式だけで、
あまりお金がないというのであれば節約するしかありません。

ただ、
あまりにもケチケチし過ぎても寂しいですよね。

そこで出来る範囲で
効果的な節約を実践すれば良いのです。

例えば、
下記のようなものは費用にぐっと響いてくるポイントです。

 ・オフシーズンを狙う
 ・仏滅を気にしない
 ・平日に開催

こういったことは
費用に大きく響いてきます。

特に仏滅は狙い目で、
式場も埋めたがっていますので、
思わぬ割引というのが適用されることもあるようです。

お日柄が気にならないようであれば、
考えてみても良いかと思います。

関連記事:「結婚式入場の曲ランキング!」

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)