先天性風疹症候群と予防接種と妊娠の関係。妊娠中OK?夫、旦那は?

妊娠の際、
先天性風疹症候群が気になる方もいると思います。

そのために予防接種などもあるかと思いますが、
妊娠中の予防接種はOKなのでしょうか?

また、
自分だけではなくて
旦那さんにも予防接種をしてもらう必要があるのでしょうか?

今回は
先天性風疹症候群や
その予防接種などについて調べてみました。

SPONSORED LINK

先天性風疹症候群とは

先天性風疹症候群
先天性風疹症候群
というのは、
赤ちゃんが生まれつき持ってしまう障害のことです。

この先天性風疹症候群というのは、
妊婦の女性が風疹にかかることで、
お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼし、
風疹ウイルスによって引き起こされます。

全国的にも大きな問題になっており、
特に妊娠を考えている女性には注意を呼びかけられています。

この先天性風疹症候群を持って産まれてきてしまうと、
下記のような症状が見られます。

 ・先天性心疾患
 ・難聴
 ・白内障

どれも生活していく上で非常に重い症状であり、
これらの症状と付き合いながら
生活していかなければなりません。

これを未然に防ぐためには、
妊婦さんが風疹にかからないことが大事になります。

 

妊娠と風疹の予防接種の関係

先天性風疹症候群の予防接種
先天性風疹症候群を防ぐためには、
女性が風疹にかからないことが大事です。

そして、風疹というのは、
予防接種が大きな効果を発揮します。

そのため
妊婦になる前に
予防接種を受けることが推奨されています。

中にはこういった地域もあります。

【予防接種費用の助成について】

先天性風疹症候群の
予防接種の費用を助成してくれるという制度です。

費用を助成してくれるのであれば、
後は受けに行く手間だけですので、
受診するハードルがぐっと下がるのではないかと思います。

ただし、
どこの地域でも
こういった助成が行われているとは限りません。

地域ごとに様々ですので、
その点については調べてみたほうが良いです。

 

妊娠中の予防接種は?

妊娠中先天性風疹症候群
風疹に効果的である予防接種ですが、
妊娠中の予防接種はNGです。

妊娠中の予防接種は、
予防接種の風疹ウイルスで
先天性風疹症候群にかかる恐れがあるためです。

そのため妊娠が分かり、
風疹への耐性が少ないようであれば、
妊娠中は風疹にかからないように
注意を払わないといけません。

出来るだけ人ごみを避けるなどして
リスクを極力避けて上げると良いです。

間違っても
風疹にかかった人の側には
寄らないようにしましょう。 

 

夫、旦那さんが気を付けることは?

夫や旦那さんが気を付けることは、
自分が風疹にかかり、
それを奥さんに移してしまわないことです。

仕事などで外に行くことが多いようであれば、
風疹などをもらってくる可能性が
少ないとは言い切れません。

また、
予防接種などしたことない場合は、
風疹にかかる可能性は非常に高いのです。

また、
奥さんが妊娠しておらず、
これから妊娠を望んでいるのであれば、
一緒に予防接種を受けることが大切です。

これは奥さんなど女性だけの問題ではなく、
夫婦の問題として捉えて、
しっかりと協力してあげることが大切です。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)